退職金に頼らない「老後貯金」の方法

退職金に頼らない「老後貯金」の方法

老後資金として必要なのは総額1億円!?
2013年4月1日施行の(改正)「高年齢者雇用安定法」(厚生労働省)と少子高齢化の影響なのでしょうか、60歳以降も働き続ける人が増えています。世帯主が60歳以上の世帯が勤労者世帯に占める割合は約22%。2013年に比べて5%も伸びました。では、「65歳でリタイア、妻は同い年、共に90歳まで生きるAさん夫婦」の老後資金を考えてみましょう。

※90歳では男性25%、女性50%が生存します(平成29年簡易生命表)。

Aさん夫婦の老後期間は25年。老後資金として準備する必要があるのは、日常生活をまかなう生活資金と、家のメンテナンス費用や医療・介護費などを賄う予備資金です。

●生活資金の目安額
生活資金の目安額を、総務省「平成30年 家計調査報告(家計収支編)」をもとに計算してみましょう。

夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦のみの無職世帯の月間支出総額は26万4707円。これは食費や交際費、水道光熱費などの基本的生活費に所得税や個人住民税、固定資産税、社会保険料などを加えたものです。Aさん夫婦の生活資金は約7941万円(26万4707円×12カ月×25年)になります。

●予備資金の目安額
予備資金は個人差が大きく、一般に1500万~2000万円と想定する人が多いようです。

●老後資金の目安額
老後資金の総額は、「生活資金+予備資金=7941万円+2000万円=9941万円」程度になります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

All Aboutの記事をもっと見る 2019年6月22日のライフスタイル記事
「退職金に頼らない「老後貯金」の方法」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    税金納めて60歳に定年したら、すべて国が面倒見ろよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    退職金は格差が物凄い。均等を図るためにも退職金をターゲットにした増税政策を希望します。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。