夫は契約社員、私も派遣社員。「子どもが欲しい」は“贅沢”なの?【アラサーが考える“恋愛とお金”】

デートや婚活、結婚式……恋愛や結婚にはお金がかかる。特に現代社会においては、働き方や生き方の多様化が進み、恋愛とお金に対する価値観も変容している。本連載では、これからの「恋愛とお金」について、アラサーの恋愛ライター・毒島サチコが取材をもとに考察。第2回は「出産したい現代女性の本音」について紹介する。


■出産のために、キャリアプランを立てるアラサー女性たち
「結婚は27歳まで、子どもは30歳と決めてキャリアプランを立てました」

そう語るのは、真知子さん(30歳/広告代理店)だ。彼女は、大学入学を機に九州から上京し、27歳で大学の同級生と結婚。現在は大手広告代理店に勤務しており、8月から産休に入るという。

「結婚と出産をすることを見据えて、25歳の時にベンチャー企業から育休制度が整っている大手企業に転職しました。その後、今の旦那と結婚。仕事が落ち着いたタイミングで、計画的に妊活をして、現在産休中です」。淡々と語る彼女は、自分の人生を“計画的”に設計しているようだ。

真知子さんのように、出産を見据えて、キャリアを計画的に設計しているアラサー女性は多い。夏子さん(33歳/フリーランス)もその1人だ。


■月の治療費=40万円超えも。ゴールの見えない不妊治療
「27歳の時、祖父が死去をきっかけに、『子どもが欲しい』と思うようになり、子育てがしやすそうな在宅可の仕事に転職しました。『いつできても大丈夫』と準備万端で子作りに挑んだのですが……」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク