結婚相談所、街コンの次は? 次世代の新たな出会い

結婚相談所、街コンの次は? 次世代の新たな出会い

■お見合いより恋愛結婚が主流になったのはつい最近
若い人たちは信じられないかもしれませんが、昔は「お見合い結婚」が主流だったのです。……もちろん、僕もリアルタイムでは知らないのですが(笑)。

それ以前の1950年代はなんと半分以上の人が「お見合い結婚」をしていて、「恋愛結婚」は3割くらいでした。親や親戚の紹介でのお見合いはもちろん、昔はどこの街にも“世話焼きおばさん”みたいな方がいて、独身の男女をどんどん仲介してくれたりしたものです。大人が独り身でいたらとにかく結婚させなきゃ、みたいな空気が世の中にあったようです。

しかし、隣人とのコミュニケーションが疎遠となった現在では、そうした世話焼きおばさんも激減してしまい、恋愛や結婚の相談や仲介をしてくれることも少なくなりました。

■恋愛結婚とお見合い結婚の割合の遷移
お見合い結婚と恋愛結婚の比率は1960年代から逆転、近年では9割近くが恋愛結婚となっています。世の流れとはいえ、多少強引にでも結婚させてくれた昔のほうが良かった……という奥手な人も多いのでは? とも思ったりします。

結婚相談所、街コンの次は? 次世代の新たな出会い

出典:国立社会保障・人口問題研究所 2010年出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査) ※見合い結婚とは出会いのきっかけが「見合い」で、「結婚相談所」での結婚を含まない

■結婚相談所、街コンの次は? 次世代の新たな出会い
このような状況を踏まえて増えたのが、「結婚情報サービス」や「結婚相談所サービス」です。様々なバリエーションが生まれましたが、こうした出会いのサービスはちょっとお高めの料金など敷居が高いというイメージがなかなか払拭されず、普及し、一定の利用者はいるもののカジュアルな層まで浸透しきるというところまではいきませんでした。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。