お金持ち流の時間術!義務ではないことをする

お金持ち流の時間術!義務ではないことをする

■金持ちになれる人と貧乏な人の時間の使い方の違い
雑誌やネットのニュースを見ると、経済格差・所得格差はますます拡大しているようで、「収入が低いから結婚も出産もできない」「年収200万円で生活が苦しい」という記事を時折見かけます。その違いは、ちょっと抽象的な表現ですが、「何を見ているか」「何を見ていないか」という違いではないかと考えています。それは、自分は将来「こうしたい」という方向性があるかどうかです。

たとえば専業主婦の節約ブログの中には、「お金を節約する」という支出の削減だけを見ていて、「収入を増やす」という側面は見ていないものがあります。しかし、収入の範囲内で生活することが目的になってしまうと、「賢いやりくり」しか考えられなくなる。もちろんそれも大事なことではありますが、もっと豊かな生活をするには、いかに収入を増やすかに着目しなければ、カリカリと慎ましい生活になりかねません。

これを時間の使い方という観点で言うと、「こうしたい」がなければ、生活のすべては「しなければならない」ことで埋め尽くされてしまい、仕事やタスクに追われるだけの日々になりかねないということです。

「しなければならない」ことは、「しなければあとで自分が困る」ことと同義ですが、これは基本的に他人に依存したタスクです。書類を提出しなければならない、メールの返事をしなければならない、携帯電話の料金を払わなければならない……。でないと、自分が怒られる、困る。

あわせて読みたい

記事提供社から

「お金持ち流の時間術!義務ではないことをする」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ...で?

    0
  • 匿名さん 通報

    はいっ? 年収高い人が低収入になれば今の低収入の人より悲惨な状況になると思うよ!んでっ低収入の人は副業しろ?って事か?結局

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。