「現金払い主義」のメリットとデメリット

「現金払い主義」のメリットとデメリット

■カードを使わない、現金主義の成功パターンとは?
現金主義の方は、「貯蓄」が上手です。アリとキリギリスでいえば、アリさんですね。家計をしっかり管理し、貯蓄の計画を立てて、毎年しっかりと貯蓄残高を増やしていきます。

貯蓄残高がある程度増えてくると、「減らしたくない」という感情が湧きますので、支出に関しても厳しい目で判断できるようになり、更に貯蓄が増えるという、良いスパイラルに入っていきます。

現金主義でもマイホームだけは、住宅ローンを組むケースが多くなります。しかし、貯蓄がしっかり貯まっているので自己資金を多く入れることができ、健全性の高い資金計画で住宅ローンを組むことができます。更に繰上げ返済をする為にせっせと貯蓄しますので、早期での完済を実現させます。

現金主義の場合、家計が窮地に陥るというケースは稀で、やはりクレジットカードやローンといった借金癖がある人の方がはるかに家計が窮地に陥る可能性は高くなります。

しかし、現金主義で家計を正常に管理されている方でも、住宅ローンや教育費、車代といった大きな支出が重なると、不安が生じ、これまでの家計の管理の仕方で良かったのか?といった相談に来られるケースがあります。

■現金主義の失敗パターンとは?
現金主義の失敗パターンは、手元に残しておくべきお金まで使ってしまうことです。ローンや借金が嫌いなので、「マイホーム」以外は現金で買い、住宅ローンも繰上げ返済で早期完済しますが、それが故に手元の現金が大幅に目減りしてしまい、不安を抱えてしまうタイプです。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る
「「現金払い主義」のメリットとデメリット」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ハイパーインフレが起きるならローンもありかも

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。