パート扶養控除103万・130万・150万の壁、お得なのは?

パート扶養控除103万・130万・150万の壁、お得なのは?

■2018年より配偶者控除は制度が変更。主婦のパート年収はいくらまでに抑えるといい?
子育てが一段落すると働くママが増えてきました。教育費などがかかるようになり、家計の収支を考えると専業主婦より有利になるからでしょうか。主婦が仕事を再開するのは、ライフイベントの中でも大きなポイント。その後のライフプランニングも大きく変わってきます。

この主婦が働く時によくいわれるのが「扶養の範囲」で働くということ。本当にこの範囲で働くのが一番いいのでしょうか?

主な収入を得ている夫とパートタイマーとして働く妻の夫婦で、2018年から適用されている新しい配偶者控除の場合の試算をしてみたいと思います。


■妻の所得税がかからないのは、103万円以内
まずは、妻自身が税金を払うところを見ておきましょう。住民税は自治体によって変わりますが、給与年収93万円から100万円を超えると住民税を支払うことになります。また、所得税は、給与年収103万円超で支払うことに。ただし、これらの税金は収入増以上にかかることはありませんので、あまり深く考えなくてもいいでしょう。

ただし、夫の会社で配偶者手当のような支給がある場合、その要件として妻の年収が103万円以内とある場合もありますので、ご注意を。


■社会保険(年金健康保険)は130万円(一部106万円)がライン
次に、「扶養の範囲内」で働くということを考えましょう。最初に社会保険でいう「扶養」です。社会保険とは、年金や健康保険などのこと。サラリーマンの妻は、“ある収入”以下であれば、健康保険の被扶養者になっています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

All Aboutの記事をもっと見る 2019年6月24日のライフスタイル記事
「パート扶養控除103万・130万・150万の壁、お得なのは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    扶養控除って…。130万や150万で生活してる人間だっています。その金額を扶養控除対象にするのは納得いかない。控除対象なら130万から150万で生活してる世帯にも何かしらの控除しないと不公平。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。