恋愛依存症の原因は「ドーパミン」?

恋愛依存症の原因は「ドーパミン」?

■恋愛依存症とは……正式な病名ではないが他の依存症との共通点も
「恋愛依存症」というものは、正式な精神疾患名ではありません。しかし、アルコール依存症やギャンブル依存症など、他の依存症と同様、日常生活がうまく回らなくなるほど恋愛に対する依存がひどくなり、深刻な状態になってしまうケースは実際にあるようです。

恋愛は誰にとっても心理的なアップダウンを伴いやすいものですが、一般的に「恋愛依存症」と言われるほど深刻な状態になってしまう原因は何でしょうか。病気でないので治療法というと語弊がありますが、克服法や対処法にあたるものはあるのでしょうか。今回は精神疾患である他の依存症と、いわゆる恋愛依存症との類似点・関連なども含め、恋愛依存による問題を深刻化させないためにおさえておきたいポイントや、考えられる原因、対処法などを、精神医学的な面から詳しく解説します。


■恋愛なくして生きていけないと感じる「恋愛依存」
「恋愛依存症」と言われるような状態になると、その恋愛が終わってしまえば、毎日の生活が成り立たなくなるばかりか、自分の人生も全て終わってしまうと強く思い込んでしまうほど、恋愛が自身にとって必要不可欠なものとして、心を占めてしまいます。

恋愛をすること自体には、もちろん何の問題もありません。多くの人にとって恋愛はごく自然で大切なものでしょう。そして実際に誰かを好きになったときには、相手のことが気になって仕方がなくなったり、目先のことが上の空になってしまったりと、気持ちの上で何かしらの影響が出てくることもまた自然なものです。告白が成功したときも、交際中も、残念ながら失恋・破局してしまったようなときも、恋愛には大きな気持ちの動きが伴います。しかし、嬉しいときでも大きなショックを受けたときでも、通常であれば、恋愛が原因で社会生活が成り立たないほど深刻な精神状態になってしまうことは、あまりないように思います。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る
「恋愛依存症の原因は「ドーパミン」?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    女性の場合、突起物依存症なのかもしれない。

    1
  • 匿名さん 通報

    男性の場合、挿入依存症なのかもしれない。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。