共働きでも大丈夫!家事分担でのイライラがなくなる方法

共働きでも大丈夫!家事分担でのイライラがなくなる方法

■周りのみんなは家事を分担できているの?
毎日仕事に子育てに追われ、自分の時間がまったく取れないとお困りではありませんか?

総務省の調査(2017年・就業構造基本調査)によると、働くママの割合は64.2%。中でも20代後半の世代は、2014年では47.7%だったのが2017年で60%と大きく上昇しています。出産後にすぐ、職場復帰する女性が増加していることを示しています。

そんな中、いまだに夫婦間の家事は女性が担っている率がとても高いのが現状です。こちらも総務省の調査(2016年・社会生活基本調査)の結果ですが、共働き世代の1日の家事・育児時間は妻が夫の約9.9倍と、開きがあるのです。

仕事で気を張っているので、家ではゆっくりリラックスしていたいという思いとは裏腹に、山のような家事が溜まっていていつもイライラしてしまいますね。

一方で、私自身は実際、共働きで子供が3人という状況ですが、イライラせずに家事分担できています。そこで、「家族みんなで家事の方法を共有し、それぞれができることをしていく」という理想に向けて、すぐに始められるポイントをご紹介します。


■1:やる人によってムラの出ない「仕組み」を作る
まず最初に取り組みたいのが「自分が何にイライラしているのか?」の原因を探ることです。人は自分で「こうやって進めよう!」と思っていたことがうまくいかないときに「イラっ」とする傾向にあります。

「頼んでいたよね? まだやっていないの?」「なぜこんなやり方をするの?」など、直接このような言葉を相手にぶつけては、家事分担はうまく進みません。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2019年6月12日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。