55歳貯金4200万。老後が心配でダブルワークで貯めてきたが……

55歳貯金4200万。老後が心配でダブルワークで貯めてきたが……

■仕事をセーブして老後を楽しむのは無謀でしょうか?
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。相談者は、老後のためにダブルワークで賢明に働いてきたという55歳の会社員女性。しかし、最近は貯めることにも疲れてきて、仕事をひとつに絞りたいと考えているとのこと。そのためには、どのくらい資金が必要なのか、ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

▼相談者遊子さん(仮名)
女性/会社員/55歳
関西/賃貸住宅

▼家族構成大学生の息子2人

※子ども2人は一人暮らししており賃貸暮らし。バイト代とそれぞれの子ども用貯金から払っているため、家計費には計上していない

▼相談内容はじめまして。数年前に離婚して以来、懸命にダブルワークで働いてきました。このまま65歳までは働ける予定です。その後65歳から70歳までは、このうちのひとつに絞り、継続雇用していただけそうです。その場合、手取りで10万円程度働く予定です。年金は、70歳からの繰下げ受給と決めております。年金事務所で試算してもらうと、年額250万円、毎月20万円ほどになるとのことです(今年減収が予想されるため、若干減る可能性あり)。また、62歳からは、特別支給老齢厚生年金82万円が支給されます。

今後、両親は現在介護施設に入っていますが、現金で2500万円ほど相続できると聞いています。現在は、年100万円ずつ貯蓄しておりますので、65歳までにプラス700万円ほどになるかと思います。お金の心配をせずに老後を過ごすには、どれくらい貯めておけばいいかわからずに、ひたすら貯め続けることに疲弊しています。少し疲れてしまったので、できれば当初の計画より早く、少なくともシングルワークにできないかと希望しています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

All Aboutの記事をもっと見る 2019年7月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「節約」のニュース

次に読みたい関連記事「節約」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。