買うだけで満足しがちな「料理レシピ本」を活用する方法

買うだけで満足しがちな「料理レシピ本」を活用する方法

■実は手放しにくい本の代表格「料理本」!?
突然ですが料理本って気づくと溜まってしまいませんか? 買う時はウキウキして買うのですが、実際に最初の2つほどレシピを参照したら、あとは積読になりがち。そのうち存在を忘れてしまう……というのが我が家のパターンでした。

結局いつも頼りにするのは何度も見返しているド定番の料理本。新しい本をその中に参入させるのはとても難しい……とアタマを悩ませていたのです。

そんな私が試行錯誤の末にたどりついた料理本の活用法をご紹介します。この方法を実践してみたら、本当に自分自身が満足できるまで活用でき、料理本自体を気分よく手放せるようになったのです。

結果、手元に置いておく料理本の数が減り、新しい料理本を買う時も活用方法を意識して買うようになりました。


■本は「使ってあげること」が満足感につながる
物に対して「これは元を取った」という満足感は、「使う」ことで感じられるようになります。

逆にいうと持っているだけで使っていないものは、いつまでたっても「いつか使うかも」と思って手放すことができないのです。

料理本ってまさにそうですよね。持っていることも忘れていたのに、パラパラめくると「あ、これいつか作るかも」と。

このままでは料理本が増えるばかりで全然活用できていない!と気づいた私は料理本を見る時間をしっかりと確保しようと試みました。ところが日々の暮らしの中では、そう簡単に時間を確保することも難しく、結局見ないまま数カ月が経過……の繰り返し。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る 2019年11月15日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。