金運が逃げる?残念な「10万円給付金」の使い方

金運が逃げる?残念な「10万円給付金」の使い方
コロナ禍を踏まえて、政府から給付されることになった10万円。何に使おうかと思いを巡らせている人もいることでしょう。

とはいえ、私たちを守るために支給される大切なお金。残念な使い方で運気を落とさないためにも、どのように使うとよいか考えてみましょう。


■不平不満を持って使うのはNG
「まったく足りない」「もっと欲しい」「出し渋りじゃないのか」など、聞こえてくるのは、感謝よりもクレームに近い不平不満な言葉ばかり。納得できる部分もあるのですが、考えてみてください。

確かに仕事ができずに収入が減って、辛い気持ちも分かりますが、何もせずとも給付されているわけです(税金は払っていますが)。不平不満ばかりを口にしてお金を使ってしまうと、運気は下がるばかり。給付金に感謝しつつ、使うことがベストです。


■家族で分かち合わないのはNG
今回は、赤ちゃんからお年寄りまで、1人一律10万円の給付となりました。

ある程度大きくなってくると、小学生でも自分のお金であると主張するケースは少なくありません。でも、このお金は、苦しい家計を救済するためのお金です。自分勝手に使ってよいお金ではありません。

2020年は数秘&カラーにおいても、「協調性」や「仲間意識」などが問われる1年です。自己主張するのは運気が下がるだけでなく、周りとの繋がりも悪化しかねないので注意しましょう。


■無計画で使うのはNG
今回の給付金だけでなく、無計画で使ってしまい、気がついたらお金がなくなってしまったというのは、一番ダメなパターンです。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「金運が逃げる?残念な「10万円給付金」の使い方」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    公務員のボーナスなしで あいつらもらいすぎ

    0
  • 匿名さん 通報

    10万円と言っても1000万持ってるやつの10万と貯金20万のやつの10万円とでは訳がちがう。子供は子供で、自分の分は親には使うなと言うから、結局10万円。我が家は家賃へ ありがたいです。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。