年金手帳、廃止になったらどうなる?

年金手帳、廃止になったらどうなる?
拡大する(全1枚)

年金手帳、2022年4月に廃止されます!
国民年金や厚生年金に加入している人に交付される「年金手帳」。この年金手帳が、2022年4月に廃止されることになりました。2020年6月に関連法案が成立したためです。


■年金手帳は年金加入の証
日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人は必ず加入する国民年金。20歳になると年金手帳が交付され、20歳以上の人は全員持っていることになります。

1997年以降に加入した人は青色の年金手帳が交付されており、それより前に加入した人はオレンジ色や茶色などの年金手帳が交付されています。この年金手帳は、国民年金に加入している証明書。とても大切な書類です。


■基礎年金番号が大切!
年金手帳に記入されているもので、一番大切なのが「基礎年金番号」。

自分自身の年金加入記録を管理するためのもので1人に1つの基礎年金番号が割り振られています。年金記録は年金を受給する際に、とても大切な情報です。これらの記録を管理している基礎年金番号は、いわば年金の命綱といえるでしょう。

この大切な年金基礎番号を知ることができるのが年金手帳です。これが年金手帳を大切に保管しなくてはいけない理由でした。

ただし、公務員などが加入する共済組合にしか加入したことがない場合は、年金手帳は交付されていません。代わりに、「基礎年金番号通知書」が送付されています。


■年金手続きがマイナンバーで可能に
2015年から始まったマイナンバー制度では、日本に住民票がある人に12桁のマイナンバーが割り振られました。マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の3分野で、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために導入されました。

あわせて読みたい

All Aboutの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク