女優の遠野なぎこが22日に自身のアメブロを更新。ずっと痺れていて痛みもある症状で病院を受診した日のエピソードをつづった。

この日、遠野は「寒すぎる…」と述べ「頭がキーンとなる寒さ」とコメント。「家に帰りたいけど、メンタルクリニック後は整形外科だ」と病院を受診することを明かし「数年前から、足の感覚がねほぼ無いの。ずっと痺れていて痛みもあって」と自身が見舞われている症状について告白した。

続けて「血流を促すお薬を飲んでると少し楽なんだけど」と述べつつ「飲まないと転びそうになっちゃって危ない」と説明。「たまに凄く浮腫んでしまったりもして、すっごいストレス」だといい「ずっと通院しているのです」と明かし「とっても優しくて頼れる先生だよ 頑張って行ってきます」とつづった。

その後に更新したブログでは「踝に注射」「してきたよ、整形外科で」と報告。

「血流を良くする為」と述べ「痛かったけど、先生が優しいのとお上手なのとで耐えられたよ」とコメント。自身について「数年前ヘルニアになってしまって」と告白し「皆んなにも心配かけられないし、仕事では絶対に迷惑をかける訳にはいかないし。事務所以外には黙ってた」(原文ママ)と明かした。

また「その間はブロック注射を打って必死に耐えてて」と述べ「あの時の腰の痛みと、ブロック注射の痛みに比べればなんて事なかった」とコメント。「あんな恐怖心、2度と経験したくない」といい「健康第一だねぇ」としみじみつづり、ブログを締めくくった。