Ingressプレイ中に活動量を計測する「EPSON PULSENSE PS-600C」

気軽に歩数や移動距離を計測できる活動量計。Ingressでもどれぐらい活動していたかが瞬時に確認できてとても便利だ。しかし、液晶ディスプレイが小さくて見づらく感じることがしばしば。心拍や脈拍数が計測できないのも不便だ。そこで新たに用意したのが、腕時計タイプの活動量計「EPSON PULSENSE PS-600C」。大型サイズの液晶を搭載し、移動中でも活動量をしっかりと確認することができる。そのうえ心拍や脈拍数をリアルタイムで確認することが可能だ。

PCなしで脈拍数や心拍ゾーンを計測・大型液晶でリアルタイムで確認できる

「EPSON PULSENSE PS-600C」は活動量を計測できる腕時計タイプの活動量計。

見やすい大型液晶で、パソコンなどを必要とせずに脈拍数や心拍ゾーンなどの計測データを確認できる。

「ワークアウトモード」では、脈拍計測にダブルセンサーを採用し、より動きの激しい運動時にも高精度な脈拍計測が可能。

「ワークアウト時間、消費カロリー、歩数、距離」などの運動目標が立てられ、目的に応じたトレーニングを行える。

ワークアウト中でも手もとで「経過時間、脈拍、心拍ゾーン、消費カロリー、歩数、距離」をリアルタイムで確認可能。

スマートフォン向け専用アプリの「PULSENSE View」では、トレーニングした日をカレンダー表示で確認したり、過去のワークアウトとの簡易比較をしたりすることが可能になっている。

サイズは直径45mm×厚さ14.3mm(センサー部除く)、重さは約52g。

本体カラーはPS-600Bがエナジャイズドブラック、PS-600Cがエナジャイズドカッパーとなっている。

Amazon  EPSON PULSENSE PS-600C

楽天 【2016年03月04日発売】 【送料無料】 エプソン ウェアラブル活動量計(ウオッチタイプ) 「PULSENSE」 PS-600C(エナジャイズドカッパー)

Ingressプレイ中に活動量を計測する「EPSON PULSENSE  PS-600C」

あわせて読みたい

あんどろいどスマートの記事をもっと見る 2016年2月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。