【Androidの基本テク】Playストア以外からアプリをインストールするには「提供元不明のアプリ」を許可しよう

Androidでは、Google公式の「Playストア」以外からもアプリをインストールすることが可能となっている。「Amazonアプリストア」などの外部アプリストアが存在する他、アプリストアに登録せずに開発元のサイト上などで公開されている「野良アプリ」と呼ばれるアプリも存在する。
これらのサイトでは、APKというパッケージファイルの形でアプリが公開されている。

ダウンロードしたAPKファイルをインストールするには、あらかじめAndroidの設定で「提供元不明のアプリ」のチェックボックスをオンにしておき、ダウンロードしたAPKファイルを開けばいい。
「提供元不明」というと非常に不審な感じがしてしまうが、Playストアの他、携帯キャリアや端末メーカーによって用意されたアプリ配信サービスなど、限られたサイト以外は全て提供元不明として扱われてしまっているだけなので、過度な心配は不要だ。
ただし、どこで公開されているアプリであっても、有害なプログラムが混入している可能性はゼロではないので、不審なパーミッション(権限)を要求するアプリのインストールは避けるなど、対策は怠らないようにしよう。

なお、「AppWererabbit」などのアプリマネージャを利用すれば、端末にインストールされているアプリのパッケージファイルをSDカード上などにコピーして保存しておくことも可能だ。こうしてアプリをバックアップしておけば、新バージョンが気に入らなかったときに旧バージョンに戻して使い続けたり、端末を新調したときに公開停止になってしまっているアプリもインストールしたりできるぞ。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。