正月太りでも安心!太りにくいスイーツの食べ方

正月太りでも安心!太りにくいスイーツの食べ方
       
甘いものを食べると幸せな気分になる一方、正月太り解消のためのダイエット中に食べれば罪悪感を感じますよね。

甘いものに含まれる糖質や脂質が皮下脂肪になりやすいことは、みなさんもご存知だと思います。

皮下脂肪は分解されにくいため、一度お肉がつくとなかなかとれないのです。

これが「甘いもの=太る」と言われ所以。

ところが、食べる時間や食べ方のコツを抑えれば、案外お肉になりにくかったりもします。

太りにくいスイーツの食べ方を押さえていきましょう。

1. たんぱく質が豊富なもの

バターや生クリームなど脂質たっぷりの洋菓子は、高カロリーなことは想像がつきますよね。

例えば炭水化物が主体のパンケーキは、たった2枚(200g)でも522kcal。

これにクリームやアイスをのせれば、天丼や生姜焼き定食並みのカロリーに!

そこで炭水化物や脂質が多いものは避け、洋菓子なら「プリン」や「カスタードクリーム入りのシュークリーム」といった、たんぱく質主体のものを選ぶようにしましょう。

ただしプリンのカロリーは1コ(90g)113kcalでも、生クリームやアイスの乗ったプリンアラモードになるとプリン2コ分のカロリーになるため、注意が必要です。

2. 食物繊維の多い食材を使ったもの
食物繊維には、糖質や脂質の吸収を遅らせ、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

このため、さつまいもやドライフルーツに豆類といった食物繊維を豊富に含む食材を使ったスイーツは太りにくいだけでなく、お腹が膨れるという嬉しい側面も。

あわせて読みたい

ANGIEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月7日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。