『仮面ライダージオウ』、平成仮面ライダーを締めくくる夏の劇場版を田崎竜太監督が語る!

——「王様になる」と言う常磐ソウゴのキャラクターを視聴者にすぐに受け入れさせるのは難しかったと思うのですが、TVシリーズの1・2話を監督された田崎監督にとってキャラクターを作り上げていくのは大変だったんでしょうか。

田崎 ラスボスが自分っていうのが『仮面ライダージオウ』のコンセプトとして一番大きな大黒柱だと思ってるんですけど、自分もしくは自分に非常に近い者がラスボスであるというところって、実は割とヒーロー作品の中では王道かなと思っていて。

例えば、仮面ライダーBLACKに対してのシャドームーン。あれはほとんど双子のようにして育てられた兄弟がシャドームーンで、それは言い換えれば、”自分ダッシュ”みたいなものですよね。(南)光太郎に対して、秋月信彦という”自分ダッシュ”みたいな人がシャドームーンとなって敵にいて、自分は仮面ライダーBLACKとしてヒーロー側にいるっていう構図に近いかなと。

それは『ジオウ』で言うところの50年後の自分、”自分ダッシュ”なんだけども、そういう意味では、実はそんなに苦労してはいないです。僕の中ではすんなり納得がいっているので。例えばそれは『マイティ・ソー』のソーに対してのロキとかも同じだし、『バーフバリ』においても血を分けてないけど兄弟に近い者がラスボスだったりとかそういうことって多いような気がする。

ソウゴとオーマジオウって年齢がすごく違うんですよね。オーマジオウが50年後の自分だから68歳のおじいさんなんですけど、それでも”自分ダッシュ”という点は変わらないので、そこを読み換えると、実は王道かなっていう気もしなくもない。唯一違うのが、自分がやがてアレになるっていう道筋があるということ。それが『ジオウ』の特徴かなと。そこをどういう風に視聴者に楽しんでもらうかということですよね。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 仮面ライダージオウ 映画
アニメージュプラスの記事をもっと見る 2019年7月25日のマンガ・アニメ記事
「『仮面ライダージオウ』、平成仮面ライダーを締めくくる夏の劇場版を田崎竜太監督が語る!」の みんなの反応 204
  • こいつヤベー 通報

    くだらないとかつまんないとかって、だってこれ本来は幼稚園児向けでしょ?

    2
  • 札幌第一高校 通報

    夏休みはライダーヒーローの映画は超つまんねぇからだからやっぱメタルヒーローの宇宙刑事ギャバン、宇宙刑事シャリバン、宇宙刑事シャイダー、巨獣特捜ジャスピオン、時空戦士スピルバン、超人機メタルダーがいい

    1
  • 代ゼミの生徒 通報

    夏休み映画で仮面ライダーシリーズなんか大嫌いで超面白くねぇからやっぱりメタルヒーローシリーズがいい

    1
  • カジ 通報

    夏休み映画で仮面ライダーシリーズなんか大嫌いで本当につまんねぇからやっぱりメタルヒーローシリーズがいい

    1
  • 清水冨美加 通報

    ライダーヒーローなんか大嫌いでやっぱりメタルヒーローシリーズがいい

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「仮面ライダージオウ + 映画」のおすすめ記事

「仮面ライダージオウ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら