串田アキラ、デビュー50周年記念アルバム発売!アニメ・特撮・CMソングと50年走り続ける歌への想い〈後編〉

串田アキラ、デビュー50周年記念アルバム発売!アニメ・特撮・CMソングと50年走り続ける歌への想い〈後編〉
1969年のデビューから50年…『太陽戦隊サンバルカン』『宇宙刑事ギャバン』『戦闘メカ ザブングル』『キン肉マン』といった特撮・アニメ番組主題歌に加え、「富士サファリパーク」などのCMソングを数多く歌ってきた歌手・串田アキラ。デビュー50周年記念ベストアルバム「Delight」に収録される曲を中心に、歌手としての50年間、そして歌に対する想いを聞きました。今回は後編をお届けします。

串田アキラ、デビュー50周年記念アルバム発売!アニメ・特撮・CMソングと50年走り続ける歌への想い〈後編〉

◆アニメ曲もCM曲も串田節炸裂!

ーー『戦闘メカ ザブングル』以降、アニメの主題歌も増えましたね。アニメ曲は特撮曲と違う部分はありますか?

串田 曲自体みんな格好よかったので、全然違うとは思わなかったですね。強いて言えば、『キン肉マン』は変わってましたけど(笑)。これはヒーローの顔じゃないとかいろいろ思いつつ、EDの「肉・2×9・Rockn Roll」も面白い曲だったし。「キン肉マン Go Fight!」のほうは、けっこう好きに歌い上げましたね。「愛がなければ」とか、そういうところとかですね。

ーー『キン肉マン Go Fight!』は格好いいけど、面白いところもあります。

串田 絵を見ちゃってるから、歌うときもどちらかというとそっちになってくるんですよね。「愛がなければ」って歌ってるんですが、あの絵が浮かんでくるんです。そうなるとやっぱり、でもその中でも楽しく歌わなくちゃっていうのがありましたね。あとは『ザブングル』の歌詞の内容、すごくいいんですが、難しかった。レコーディングの時、どういう意味なんだってわからなかったんですね。動かない絵しかなかったですから。やっぱり、作品を見ないとよくわからないなって。OPの「疾風ザブングル」は勢いで歌ったんですが、EDの『乾いた大地』はどういうことなんだろうって思いながら歌っていましたね。
アニメージュプラスの記事をもっと見る 2019年11月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。