町田がPRアニメを制作! KEN THE 390と福山潤が町田の魅力を語る!

町田がPRアニメを制作! KEN THE 390と福山潤が町田の魅力を語る!
11月2日(土)、東京都町田市にある町田市民フォーラムにてトークイベント「Start」が開催され、HIPHOPアーティスト・KEN THE 390と人気声優福山潤のふたりが登壇した。このイベントは町田市が制作したPRアニメーション「Start」のお披露目イベントでもあり、同アニメのエンディングテーマの歌詞を手がけた町田市出身のKEN THE 390が司会を務め、福山潤をゲストに迎える形で進行。福山はエンディングテーマでボーカルを担当しているほか、アニメでは主人公・ヒロトを演じている縁もあって出演。約1時間に渡り、町田の魅力について熱いトークが繰り広げられた。

オープニングトーク後、さっそく「町田市の印象」を聞かれた福山は、開口一番「正直、昔はやんちゃという印象がありました」と暴露するも「大学と言えば"町田キャンパス"と思うくらい、最近では"学生の街"という印象が強い」と、近年の町田の印象を語った。

ステージ上のスクリーンには町田市の地形やアクセス図、人口グラフなど、さまざまな情報が映し出されながらトークが進行していく。町田市の人口は43万人で東京都第11位であることを知った福山は、意外そうな顔で「中野区よりも人口が多いんですね。(中野って)東京の中でもかなり幅をきかせているのに」とポツリ。またここ15年で犯罪認知件数が激減しているグラフを見て「まるでロボコップが配備される前と後みたい」と例えると、KEN THE 390も「実は本当に配備してるんじゃ?」と乗っかるなど、笑いを交えつつ町田の隠れた魅力が明らかになっていく。なかでも町田市の子どもの転入超過数が東京都で第1位、かつ全国4位であることが明らかになると福山は「町田が若者文化の発信地になる可能性がある」と絶賛。KEN THE 390も「ファッションも音楽も、じつは町田は昔からカルチャー発信の街なんですよ」と猛アピールした。

あわせて読みたい

アニメージュプラスの記事をもっと見る 2019年11月13日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「福山潤 + twitter」のおすすめ記事

「福山潤 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「福山潤 + イベント」のおすすめ記事

「福山潤 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中村悠一」のニュース

次に読みたい関連記事「中村悠一」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。