京アニ初の映画化作品『天上人とアクト人 最後の戦い』デジタル上映が決定、相沢舞・小野大輔らの舞台挨拶も

京アニ初の映画化作品『天上人とアクト人 最後の戦い』デジタル上映が決定、相沢舞・小野大輔らの舞台挨拶も
拡大する(全1枚)
2009年に公開された京都アニメーションによる初の映画『天上人とアクト人 最後の戦い』(監督:木上益治)が、10年の時を経て初のDCP(デジタルシネマパッケージ)化によるデジタル上映を行うことが決定した。映像面でのパワーアップもさることながら、音響面でも鶴岡陽太音響監督により5.1ch化されている。

『天上人とアクト人最後の戦い』は、京都アニメーションのスタッフが自ら企画・製作・販売まで、すべてを自社で行う「京アニプロジェクト」の第1弾として制作された「MUNTOシリーズ」の劇場版作品。2003年、2005年に発表されたOVAに続くTVシリーズとして『空を見上げる少女の瞳に映る世界』が2009年に放送され、その後半部分のディレクターズカット版として製作・公開された。

上映館はMOVIX京都、EJアニメシアター新宿、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)。上映初日の12月20日(金)には、MOVIX京都にて日高ユメミ役の相沢舞、ムント役の小野大輔に加え、音響監督の鶴岡陽太、音楽プロデューサーの斎藤滋も登壇する、キャスト&スタッフによる舞台挨拶が行われる。

上映期間はMOVIX京都・EJアニメシアター新宿では12月20日(金)~12月26日(木)、ミッドランドスクエアシネマでは12月20日(金)のみとなる。詳細なスケジュールは追って各劇場のHPにて告知される予定だ。

●『天上人とアクト人 最後の戦い』舞台挨拶情報
編集部おすすめ

当時の記事を読む

小野大輔のプロフィールを見る
アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小野大輔」に関する記事

「小野大輔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小野大輔」の記事

次に読みたい「小野大輔」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク