『映像研』の漫画とアニメを比較しながら、手塚治虫と宮崎駿を考える

『映像研』の漫画とアニメを比較しながら、手塚治虫と宮崎駿を考える
【コラム】現実逃避に首ったけ⁉
(6)妄想という絆、絆という妄想

 『映像研には手を出すな!』の第三話、ますますもって面白い。

 あらためて、本の山に埋もれていた原作コミックスを引っ張り出し、再読。

 湯浅政明監督が、当該漫画の本質を、どう捉え、アニメ化するためにどう処理&演出しているかを読み取れて興味深い。話は、原作もアニメも第一話のタイトルにしている「最強の世界」にまで戻るのだが、この回では、はじめは浅草の「私の考えた/最強の世界」という個人の発言=妄想でしかなかったものが、共有されることが、物語の肝となるのだが、原作ではその共有のシーンには
『映像研』の漫画とアニメを比較しながら、手塚治虫と宮崎駿を考える

「何か/見える?/水崎氏。」【1】
「なんとなく/遠くに。」【2】
「最強の、」【3】
「世界…」【4】
※【1】【2】(ビッグコミックス『映像研には手を出すな!』1巻31頁3コマ目)
※【3】【4】(ビッグコミックス『映像研には手を出すな!』1巻31頁4コマ目)

 とフキダシ内のネームに記されているが、発言者はじつは明解ではない。

 コマとしては、【1】と【2】は、ビルの隙間を抜けた後の地平線までの遠望が描かれた同じコマに(風景と搭乗機をさらに上空からとらえたロングショット)。

 そして、【3】【4】はつぎのコマ。呆然とする3人の顔をならべた(金森の表情だけがすこし冷静に見えるのが芸が細かく素晴らしい)1コマのなか。

 ネーム【1】の発言者は可能性としては浅草である確率が高いだろう。自分個人の妄想が、共有されたのかのかどうかを恐る恐る投げかける言葉として読み取るのがポピュラー。【2】は確実の水崎の言葉。「一緒?」という共同意識を確認する問いかけ【1】に、「うん」と同意している。そして【3】【4】は3人の誰の言葉かは確定していない。

あわせて読みたい

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「手塚治虫 + 漫画」のおすすめ記事

「手塚治虫 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「空知英秋」のニュース

次に読みたい関連記事「空知英秋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「荒木飛呂彦」のニュース

次に読みたい関連記事「荒木飛呂彦」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 手塚治虫 漫画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。