『ウルトラマンダイナ』刊行記念!脚本・長谷川圭一×アスカ隊員・つるの剛士対談!!

切通 プロデューサーの笈田(雅人)さんは、とにかく長谷川さんの脚本には勢いがあったからとおっしゃっていました。

長谷川 『ティガ』のときは最初は撮影現場にいて、途中からライターとして参加したのですが、『ダイナ』はまったく新しいオリジナルの世界観、設定だったので、そこは思い切り書いてやろうとしたんでしょうね。今思えば。

切通 つるのさんで1年テレビをやると決まったとき、どんなお気持ちでしたか。

つるの 聞いたことないかも。

長谷川 前にちょっと言ったよ。あのときの自分は、シリーズ構成の立場ではないけど、1話2話といきなり書かせてもらったので、かなり自分の中でも緊張したというか。最初どういう役者さんなのかなとイメージを先行させていて……オーディションは行かなかったけど、小中(和哉)監督から「ピッタリな人がいた」と。「アスカとリョウはバッチリだ」って聞いて、楽しみにしていました。それでラッシュを見て「本当にぴったりだな」って。すごくつるのさんでよかったなと。

切通 アスカとリョウの掛け合いと言うか、コンビのイメージはキャスティングの前からできていたんですね。

長谷川 当初、前の『ティガ』と差別化する意味で、主人公はどんな感じだろうねって話していたら、ルパンと不二子のようなイメージが最初はあるねって話はありました。そこもオーディションのときに監督が微妙に意識していたかもしれないな。

つるの オーディションのときはまさか自分が主役でという自覚がまったくなくて。何人か男の子がいたんですよね。その中でりっちゃん(※斎藤りささん)がぽつんと座っていて……テーブルの向かいだったんですが、僕自身『ギルガメッシュないと』っていう深夜番組のセクシーな女性として知っていたので、「どうも斎藤さん、お世話になってました!」って言ったら「は?」って言われたんですよ。初対面で。「やべえ!変な空気にした」って思ったんです。

あわせて読みたい

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ウルトラマン + イベント」のおすすめ記事

「ウルトラマン + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

「ウルトラマン + 映画」のおすすめ記事

「ウルトラマン + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北斗の拳」のニュース

次に読みたい関連記事「北斗の拳」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月31日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. ウルトラマン イベント
  2. ウルトラマン 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。