続・『映像研』のマンガとアニメ比較。迫る納期と理想へのこだわり

続・『映像研』のマンガとアニメ比較。迫る納期と理想へのこだわり
第2次アニメージュ黄金期を担当した7代目アニメージュ編集長の大野修一が語る。

現実逃避に首ったけ⁉  
(7)アニメーションの敵はアニメなのか?

 前回、「『映像研には手を出すな!』の第3話、ますますもって面白い」と導入で記しておいて、中身は第1話のワンシーン(なにより重要なんだけどね)だけに触れて終わってしまうという、羊頭狗肉感たっぷりの展開となってしまいましたので、今度こそ第3話について、そして区切りとなる第4話について話していきたいと思います。

 「すべての人間は現実逃避を目指している」

 というのが私の人生観であり、それゆえに個々人のものでありバラバラでしかないはずの「現実逃避」の方向・手段・目的などが、偶然によってシンクロすることがごくたまに発生するし、その瞬間をこえる「幸福」はないと思っています。その幸福に魅せられるからこそ、人は集団をつくり、その幸福が得られないことが分かると、集団に背を向けて「孤」に走るのです。

 アニメ『映像研』の第1話はまさにそういった話であり、おたく的素養の持ち主たちにとっての「幸福」を活写していますが、実は些少な(多くの人が気づかないぐらいの)、不完全性の気配までもをほの見せているくらい深みのある傑作だ――というのが前回のネタでした。

 で、まず記述しておきますが、アニメ第3話・第4話の各話タイトルは、原作マンガにないものとなっています。ちなみにアニメ第1話・第2話は、原作の第1話・第2話タイトルでもあった「最強の世界」「映像研、爆誕す!」を使用(ただし、エピソードは原作第3話以降からも取り込みながら)していましたが。アニメ第3話・第4話は「実績を打ち立てろ!」「そのマチェットを強く握れ!」と原作にはないタイトルがつけられています(ただし、ストーリー展開は原作と同)、なるほど『カメラを止めるな!』系で統一するのね。

あわせて読みたい

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。