ねこ姉さん誕生秘話! 『ゲゲゲの鬼太郎』プロデューサーインタビュー【前編】

       
ねこ姉さん誕生秘話! 『ゲゲゲの鬼太郎』プロデューサーインタビュー【前編】
2018年4月~2020年3月に放送されたアニメゲゲゲの鬼太郎』第6期が、「第57回ギャラクシー賞」(放送批評懇親会)のテレビ部門特別賞を受賞した。
「ギャラクシー賞」は放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する賞で、アニメーション作品が特別賞を受賞するのは史上初だ。
この快挙を記念して、フジテレビ編成部プロデューサー・狩野雄太と、東映アニメーションプロデューサー・永富大地への単独ロングインタビューが実現した。
2人が語る『鬼太郎』6期の製作秘話を、前・後編に分けてお届けしよう。
(聞き手/構成=原口正宏[リスト製作委員会])

世相や社会問題を取り入れた理由
ねこ姉さん誕生秘話! 『ゲゲゲの鬼太郎』プロデューサーインタビュー【前編】


ーーこのたびはギャラクシー賞の受賞、おめでとうございます。

狩野・永富 ありがとうございます。

ーー最初に、ギャラクシー賞について基本的な質問をさせてください。これは、番組を作ったTV局や製作会社が、あらかじめ選考に応募する形で選ばれる賞なのですか。

狩野 いいえ、賞によっては自分たちがエントリーする場合もあるんですけど、ギャラクシー賞は違うんです。おそらく放送批評懇談会に加盟している会員の皆さんが選んでくださるタイプの賞なんですね。ですから、心の準備もなく本当に驚きました。うちの編成部内の賞担当に、いきなりメールが届いて「おめでとうございます」って言われて……それを、そのまま永富さんに転送しました(笑)。

永富 いやもう、びっくりですよね。「僕の知っているギャラクシー賞と、同じ名前の別の賞があるんだっけ?」と思ったくらい(笑)、一瞬戸惑いました。実は6期の『鬼太郎』でも、伊達さんが脚本を書いた最後の話(第92話「構成作家は天邪鬼」)で、バラエティのディレクターの作った番組が評価されまくるシーンで「ゴラクシー賞」という名前をイジった賞を出しているんです。でもそれは、アニメーションとは縁

あわせて読みたい

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「らんま1/2」のニュース

次に読みたい関連記事「らんま1/2」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュース

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月14日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。