鬼太郎が見る現代社会/『ゲゲゲの鬼太郎』プロデューサーインタビュー【後編】

       
鬼太郎が見る現代社会/『ゲゲゲの鬼太郎』プロデューサーインタビュー【後編】
2018年4月~2020年3月に放送されたアニメゲゲゲの鬼太郎』第6期が、「第57回ギャラクシー賞」(放送批評懇親会)のテレビ部門特別賞を受賞した。
「ギャラクシー賞」は放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する賞で、アニメーション作品が特別賞を受賞するのは史上初だ。
この快挙を記念して、フジテレビ編成部プロデューサー・狩野雄太と、東映アニメーションプロデューサー・永富大地への単独ロングインタビューが実現した。
2人が語る『鬼太郎』6期の製作秘話を、前・後編に分けてお届けしよう。
(聞き手/構成=原口正宏[リスト制作委員会])

互いに”壁打ち”しながらアイデアを
鬼太郎が見る現代社会/『ゲゲゲの鬼太郎』プロデューサーインタビュー【後編】


ーー狩野さんは『鬼太郎』の6期を担当されるにあたり、過去のシリーズを観返したり、リサーチしたりしたのでしょうか。

狩野 全話ではないですが、1、2、3、4、5期とひと通りチェックしました。あらすじを読んだり、DVDを借りて観たりもしましたし、当然、水木先生の原作も読みました。

ーー先ほども出ましたが(前編)、6期は歴代のなかでも2期に匹敵するくらい社会風刺性が濃厚で。物語の内容やテーマはダントツに重いものを描いていたと思います。それはTV局のプロデューサーとしても、2018年に送り出す『鬼太郎』として妥当だと判断した、ということでしょうか。

狩野 そうですね、原作、元の素材からして、多分この方向が正しいんだろうなと思って。素材の良さを最大限に引き出すにはどうしたらいいんだろう、という考え方ですよね。もちろん、その時々の製作者によって、流行りに乗っかった作り方をしようとか、そういうのはあると思います。でも『鬼太郎』をやるというのであれば、水木先生らしい発想法やクリエイティブな部分が一番面白いと思うので、そこを伸ばすにはどうしたらいいかを主体に考えました。

あわせて読みたい

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「らんま1/2」のニュース

次に読みたい関連記事「らんま1/2」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュース

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月14日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。