『鬼滅の刃』炭治郎が鬼に掛けた “心を供養する” 言葉に注目

『鬼滅の刃』炭治郎が鬼に掛けた “心を供養する” 言葉に注目
拡大する(全1枚)
吾峠呼世晴による漫画『鬼滅の刃』(集英社ジャンプ コミックス刊)を原作とした、『劇場版「鬼滅の刃」無限 列車編』が 10月16日(金)に公開となる。胸を打つストーリー、豪華なアクションなど魅力に溢れる本作だが、今回は炭治郎が鬼に掛けた ”心を供養する” 言葉に注目したい。

『鬼滅の刃』は昨年TVアニメ化を果たすと、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像で描かれる鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、日本だけにとどまらず、世界各地から熱い視線が注がれてきた。TVアニメでは、昨年9月末に放送された最終話で、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)とその仲間たちが、”無限列車” に乗り込むシーンで ”竈門炭治郎 立志編” の物語が幕を閉じ、10月16日(金)に公開となる劇場版ではその無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれる。

ストーリーやキャラクター、そして画面いっぱいの激しいアクションなど魅力があふれる本作だが、その中でも多くの人を魅了している一つが、炭治郎が鬼に掛ける言葉たち。
憎むべき存在である鬼に何度も苦戦を強いられ、命がけの戦いを繰り返す炭治郎だが、戦いの中で鬼たちが人間だったころの悲しみや鬼としての苦しみを察し、戦いののちに鬼に対しても慈しみの言葉を贈る炭治郎の名言を振り返る。

◆「神様どうか、この人が今度生まれてくる時は鬼になんてなりませんように」

当時の記事を読む

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鬼滅の刃」に関する記事

「鬼滅の刃」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鬼滅の刃」の記事

次に読みたい「鬼滅の刃」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月28日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。