『マジンガーZ』『ゲッターロボ』ラベルのウイスキーが登場!

『マジンガーZ』『ゲッターロボ』ラベルのウイスキーが登場!
拡大する(全1枚)
小学館集英社プロダクションは、2021年3月22日(月)昼12時より、『マジンガーZ』と『ゲッターロボ』の限定スコッチウイスキーを、ウイスキー専門サイト「WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)」にて発売する。

1970年代、ロボットアニメの新境地を開いた、搭乗型巨大ロボット『マジンガーZ』(原作:永井豪)と合体ロボット『ゲッターロボ』(原作:永井豪・石川賢)。
1972年から放映および漫画連載され大ヒットとなった『マジンガーZ』は、主人公・兜 甲児がロボットに乗り込み操縦して戦うという、当時は斬新な設定だった。
アニメでは、最高視聴率が第68話は30.4%(ビデオリサーチ関東地区調べ)と驚異的な数字。その後日本以外でも放映され、視聴率80%をマークしたスペインやイタリアなどヨーロッパを初めとして世界各国で人気を博した。

続いて、合体・変形ロボット作品の元祖と位置づけられる『ゲッターロボ』。流 竜馬、神 隼人、巴 武蔵の3人のパイロットが3機のゲットマシンに乗り込み、マシンの合体によってゲッターロボが完成する。空中用、地上・地中用、海中用の3種に変形するロボットは興奮モノとしておおいに話題になった。

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏は、この2種の巨大ロボットをラベルに、日本人から人気があるウイスキーを選んだ。『マジンガーZ』には、「シークレットスペイサイド1997」。”シングルモルトのロールスロイス” とも呼ばれるモルトだ。
『ゲッターロボ』には「ウィリアムソン2006」をチョイス。”アイラの王” とも言われるシングルモルト・ウイスキーだ。
超合金で夢中になって遊んだあの頃。いまはウイスキーに夢中になっているこの頃。時を超えて合体した楽しみを堪能してはいかが?
※お酒は20歳を過ぎてから。

(C)Go NagaiDynamic Planning (C)Go Nagai・Ken IshikawaDynamic Planning

当時の記事を読む

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マジンガーZ」に関する記事

「マジンガーZ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マジンガーZ」の記事

次に読みたい「マジンガーZ」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月28日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。