『スター・ウォーズ』最新プロジェクトは日本のアニメスタジオが制作!!
拡大する(全1枚)
日本から世界へーー日本のアニメスタジオと『スター・ウォーズ』のビックプロジェクトの詳細が明らかになった。

昨年末に発表され、大きな注目を集めていた『スター・ウォーズ:ビジョンズ』。
『スター・ウォーズ』にとって創造のルーツとなった日本との新たなプロジェクトとして注目を集めていたが、その内容はベールに包まれたままだったこの作品。
今回、ついにこのプロジェクトに参加する 7 つのアニメスタジオと、各スタジオの作品タイトル、配信日の情報と、特別映像が解禁された。

アメリカ・ロサンゼルスで毎年開催されている北米最大のアニメイベント ”Anime Expo” のデジタルバージョン ”Anime Expo Lite” が開催され、ルーカスフィルムからジャッキー・ロペス(エグゼクティブ・プロデューサー)、ジェームズ・ウォー(エグゼクティブ・プロデューサー)、ジョッシュ・ライムス(エグゼクティブ・プロデューサー)らが登場し、本プロジェクトに対する思い、日本アニメスタジオへのリスペクトを熱く語った。

『スター・ウォーズ』の生みの親ジョージ・ルーカスは日本の神話や、黒澤明監督の映画から多くのインスピレーションを得たと公言し、その影響は現在まで続く全ての作品へ注がれ、スター・ウォーズが描くテーマやストーリー、キャラクタ-すべてに日本文化との繋がりが 脈々と受け継がれている。

そしてついに、その ”創造のルーツ” といわれる日本へ『スター・ウォーズ』が還ってくる。