【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公

【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公
拡大する(全5枚)
7月16日(金)公開の細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』は、10代の少女の悩み、迷い、葛藤、直面する現実を描きつつ前向きで力強い希望を感じさせてくれる、胸躍るエンタテインメント映画だ。
主人公は、全世界から50億人が集うインターネット上の仮想世界〈U(ユー)〉に、”もうひとりの自分” として参加することになる女子高校生の内藤鈴(すず)。
内気なすずは〈U〉の歌姫のベルとなり、誰もが「自分のために歌ってくれている」と感じられるような不思議な歌声で、たちまち世界中の人気者になっていくのだが……。
そんなストーリーと映像に込められた思いを、細田守が語るロングインタビューをお届けしよう。
【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公

【画像】『竜とそばかすの姫』場面カット(写真14点)
出発点はインターネットの現在

ーー今回の映画『竜とそばかすの姫』は、どんな発想から出発したのでしょうか。

細田 思い返すと、前の作品の『未来のミライ』(2018年)が完成する前だと思うけれど、何となく次の作品はインターネットの話かなと思っていたんですよ。20年前に『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000年)という作品を作り、10年前くらいに『サマーウォーズ』(2009年)という作品を作ったのですが、そこからまた時間が経って、ネットの環境ってすごく変化したなと思っています。だとしたら、その変化した環境をもとに今、ネットを題材に映画を作ったらどういうことになるだろうというのが、発想の最初のきっかけかな。実はかなり前、2017年くらいからそんなことを思っていたんです。

この記事の画像

「【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公」の画像1 「【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公」の画像2 「【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公」の画像3 「【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公」の画像4
「【細田守インタビュー・前編】もうひとりの自分と向き合い強くなる主人公」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク