『閃光のハサウェイ』に繋がるガンダムTVシリーズ3部作の戦争と歴史

『閃光のハサウェイ』に繋がるガンダムTVシリーズ3部作の戦争と歴史
拡大する(全5枚)
現在大ヒットを記録中の『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。本作をきっかけにして、改めてアムロ・レイとシャア・アズナブル、そして地球連邦とジオン公国の間でくり広げられる戦いの歴史に注目が集まっている。
そこで、『閃光のハサウェイ』へと繋がっていく宇宙世紀(U.C.)を背景としたガンダムシリーズの魅力を紹介する連載企画がこの度スタート。第1回目はシリーズの原点『機動戦士ガンダム』(79~80年)、その続編となる『機動戦士Zガンダム』(85~86年)、『機動戦士ガンダムZZ』(86~87年)のTVシリーズ3作品にスポットを当てて、その歩みを紐解いていこう。

全ての発端となったのは、ジオン公国によって仕掛けられた独立戦争=一年戦争だ。
人類は、人口増加対策として宇宙空間に人工の生活空間「スペースコロニー」を建造。しかし、地球連邦政府が「サイド」と呼ばれるスペースコロニー群を植民地的に管理したことから、宇宙生活者(スペースノイド)の不満が爆発。地球から最も遠い〈サイド3〉において「宇宙で進化した人類は、地球から独立すべき」という理念を基にした自治独立運動を経て、その政治的実権を握ったザビ家が独裁制を敷いた「ジオン公国」を名乗ったことから独立戦争へと発展。その理念は、ギレン・ザビによって「エリートとなったスペースノイドは、地球に従う必要はない」という考え方にすり替えられてしまう。

シリーズ第1作となる『機動戦士ガンダム』は、連邦軍劣勢で迎えた宇宙世紀

この記事の画像

「『閃光のハサウェイ』に繋がるガンダムTVシリーズ3部作の戦争と歴史」の画像1 「『閃光のハサウェイ』に繋がるガンダムTVシリーズ3部作の戦争と歴史」の画像2 「『閃光のハサウェイ』に繋がるガンダムTVシリーズ3部作の戦争と歴史」の画像3 「『閃光のハサウェイ』に繋がるガンダムTVシリーズ3部作の戦争と歴史」の画像4
「『閃光のハサウェイ』に繋がるガンダムTVシリーズ3部作の戦争と歴史」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメージュプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ガンダム」に関する記事

「ガンダム」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンダム」の記事

次に読みたい「ガンダム」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク