押井守『攻殻機動隊』4Kリマスター版IMAXが日米同時公開決定
拡大する(全1枚)
1995年に公開され、今なお世界中から高い評価と熱狂を集める押井守監督作品『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 4Kリマスター版』のIMAX上映が、2021年9月17日(金)より日米同時公開が決定した。

西暦2029年――情報化の進展と同調するように、より高度に凶悪化していく犯罪に対抗するために全身義体のサイボーグ・草薙素子を隊長とした特殊部隊・公安9課、通称 ”攻殻機動隊” が設立された。ある日、彼らは国際的に指名手配された正体不明のハッカー ”人形使い” を巡る捜査に乗り出すことになるが……。

緻密な映像で表現された魅力的なヒロインや躍動するアクション、人間の本質を問う普遍的なテーマなど、文字通り世界中のクリエイターたちに強い影響を与えてきた名作アニメが、観る者を新たな映画体験へ誘うハイクオリティな映像でスクリーンに再び登場することに。

4Kリマスターによる圧倒的な情報量の映像を、IMAX社が特許を持つ映像処理技術で音響、明度、コントラストなど細部にいたるまで高い精度で調整することで、他の劇場ではけっして味わえない画期的な映画体験が可能となった。

また、併せて4Kリマスター版の通常上映も決定した。名作をハイクオリティで〝体感〟できる貴重な機会をお見逃しなく!

>>>クリアに甦った『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 4Kリマスター版』場面カットを見る(写真12点)

(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT