グラビティ・アクション映画『バブル』最高峰アニメクリエイター集結
拡大する(全2枚)
国内外を問わず人気・実力共にトップクラスのクリエイターが集結した超大型劇場オリジナルアニメ映画が誕生。2013年から放送がはじまり、その圧倒的なクオリティかつ、立体機動による躍動感あふれるアクションが世界中で大きな話題となったアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督と、WIT STUDIOの強力タッグで贈る超大型オリジナルアニメ『バブル』が、2022年5月13日(金)に全国公開、NETFLIX版として2022年4月28日(木)に全世界配信されることが決定した。

重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う――。
本作の舞台は世界に降り注いだ泡〈バブル〉で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされた東京は家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルに駆け回るパルクールのチームバトルの戦場となっていた。
ある日、危険なプレイスタイルで注目を集めていたエースのヒビキは無軌道なプレイで重力が歪む海へ落下してしまった。そこに突如現れた、不思議な力を持つ少女ウタがヒビキの命を救った。そして、2人にだけ特別な音が聞こえた…。
なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか。二人の出会いは、世界を変える真実へとつながる。

本作の監督を務めるのは、日本が誇るアニメーション監督、荒木哲郎監督。アニメ『進撃の巨人』の立体機動アクション映像で世界中の度肝を抜き、極限の人間像や絶望から這い上がるカタルシスで世界中の共感を掌握した次回作が最も切望される監督だ。

この記事の画像

「グラビティ・アクション映画『バブル』最高峰アニメクリエイター集結」の画像1 「グラビティ・アクション映画『バブル』最高峰アニメクリエイター集結」の画像2