伊藤美紀×植田佳奈が語る『マリア様がみてる』と出会えた喜び
拡大する(全4枚)
今だから観たいゼロ年代に人気を博したアニメ作品をピックアップしていく、U-NEXTによる名作アニメとの「再会」プロジェクト『THE PLAYBACK』。出演キャストと共に懐かしの作品を振り返り、その魅力に改めて迫っていく。
第1弾のタイトルは『マリア様がみてる』。主役の福沢祐巳を演じた植田佳奈さん、そして祐巳の一番親愛な上級生・小笠原祥子を演じた伊藤美紀さんによる、久々の「紅薔薇姉妹」トークが実現。後編は二人の実際の学生時代の話や当時のアフレコ現場の様子など、さらに踏み込んだエピソードが語られていきます(全2回)。

>>>『THE PLAYBACK』トーク時の伊藤美紀さん、植田佳奈さんを見る(写真8点)

伊藤美紀×植田佳奈が語る『マリア様がみてる』と出会えた喜び
▲(左から)『THE PLAYBACK』より伊藤美紀さん、植田佳奈さんの対談の様子。

──先ほど話に出た、祥子様の意外に庶民の常識を知らない「ボケ」の面を演じる時は、普段の凛とした時とのギャップは意識されていたんですか?

伊藤 そこで声のトーンとかを意識して変えたりしていたことは、まずないです。やっぱりその時の雰囲気と、祐巳とのやりとりの中での自然体という感じですね。なるべく作らずに……そうやって出てきた「芝居」です。

その状況を理解して「私はお嬢様だから、こんなところに足を踏み入れたことはない。でも祐巳が連れてきてくれたところだから、興味もあるし、絶対楽しいところに違いない!」っていう感覚に自分自身がなる、みたいな。作ろうとしてではなく、その場で自然に出てきた感じなんです。

この記事の画像

「伊藤美紀×植田佳奈が語る『マリア様がみてる』と出会えた喜び」の画像1 「伊藤美紀×植田佳奈が語る『マリア様がみてる』と出会えた喜び」の画像2 「伊藤美紀×植田佳奈が語る『マリア様がみてる』と出会えた喜び」の画像3 「伊藤美紀×植田佳奈が語る『マリア様がみてる』と出会えた喜び」の画像4