『AKIRA』を越える作品密度!大友克洋『スチームボーイ』の過激な挑戦
拡大する(全3枚)
2月20日(日)19時より、BS12トゥエルビ『日曜アニメ劇場』にて大友克洋監督作品『スチームボーイ』が放送される。本作は『AKIRA』(1988)以来15年ぶりとなる大友監督の長編劇場アニメーション第2作となる。

>>>空駆けるヒーロー!『スチームボーイ』場面カットを見る(写真7点)

舞台は蒸気機関が産業を牽引するようになりつつある19世紀のイギリス。ある日、発明一家のスチム家に生まれた少年レイの元に、父エディと共に渡米中の祖父ロイドから謎の金属球が届けられる。そこにエディ・ロイドをアメリカに招聘したオハラ財団の使者と名乗る男たちが現れ、その金属球を奪おうとレイを追いかける。遂に捕まったレイは万国博覧会のパビリオンに閉じ込められるが、そこでエディと再会、金属球の正体は、超高圧縮された蒸気を超密度で封じ込めた新たなエネルギー=スチームボールであると説明される。そしてこの大発明を、オハラ財団は兵器に転用して世界中に売りさばこうと企んでいた。
科学の正しい力を信じるレイ、スチームボールを巡るエディとロイドの葛藤、レイに興味を抱く大富豪の令嬢スカーレット、そして事態に介入するイギリス軍……様々な思惑が交錯しながら、物語は怒涛のクライマックスへと突き進んでいく。
『AKIRA』を越える作品密度!大友克洋『スチームボーイ』の過激な挑戦

大友克洋は1973年に『漫画アクション増刊』掲載の『銃声』で漫画家デビュー。『ショート・ピース』『ハイウェイスター』『さよならにっぽん』などの短編集でコミックファンの衆目を集め、『気分はもう戦争』(原作:矢作俊彦)『童夢』で一気にブレイク。1982年から『

この記事の画像

「『AKIRA』を越える作品密度!大友克洋『スチームボーイ』の過激な挑戦」の画像1 「『AKIRA』を越える作品密度!大友克洋『スチームボーイ』の過激な挑戦」の画像2 「『AKIRA』を越える作品密度!大友克洋『スチームボーイ』の過激な挑戦」の画像3