色見本も作れる!注目は国鉄車両の “色” /『国鉄車両関係色見本帳+車両色図鑑』
拡大する(全1枚)
グラフィック社より、書籍『国鉄車両関係色見本帳+車両色図鑑』が登場! 国鉄時代の車両色見本帳を特色印刷でまるっと再現された一冊にご注目!!

グラフィック社より国鉄時代の車両色見本帳を特色印刷でまるっと再現した『国鉄車両関係色見本帳+車両色図鑑』が、3月に発売される。
国鉄時代の車両塗色は、細かく規定され、同時に色のガイドラインとなる見本帳も作られていました。本書はこれの最終版となる1983年の見本帳を印刷で再現。同時に、様々な車両の塗色を一覧できる図鑑とともにまとめられている。

本書の前半部分は、1ページ1色・全56色の色見本だ。色見本には色の名称はもちろん、各色が主にどのような用途で使われるかといった文字情報を掲載。マンセル値やRGB値が数値でわかるので、ご自身のイラスト制作などにもご活用いただける。

色見本ページの右上にあるミシン目から切り取ってひとつに束ねれば、自分だけの見本帳を作ることが出来る。

車両図鑑には、実際の車両の写真をたっぷり掲載!
本書の後半部分は、車両写真から引き出し線をつけて、車両のどこにどの色が指定されていたのかがひと目でわかる車両色図鑑を掲載。ジョイフルトレインからヘッドマークまで、何色が使われていたのか詳細に紹介されている。

国鉄車両関係色見本は全56色、仕様はA5変、並製で総208ページ。

☆『国鉄車両関係色見本帳+車両色図鑑』の中身をちょい見せ!(写真11点)>>>