『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』お風呂トークに大爆笑!イベントレポ紹介
拡大する(全1枚)
Netflixにて配信中の『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』より、2022年4月1日(金)に配信された〈熱湯フリックス Presents 極楽プレミアイベント〉のイベントレポートが到着した。

『テルマエ・ロマエ』は、ローマ帝国で浴場技師として伸び悩む青年ルシウスが、なぜか〈古代ローマ〉と〈現代日本〉をタイムスリップできるようになってしまい、自国の浴場=テルマエの設計に日本の入浴文化を取り入れていく…という奇想天外な《タイムスリップお風呂コメディ》。

”ノヴァエ(新しい)” として生まれ変わった『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』では、原作者ヤマザキマリ本人がシリーズ構成として参加。 ”ルシウスが浴場技師を目指すことになった理由” を描く前日譚となる第1話、ルシウスがいつもの現代日本ではなく江戸時代の日本にもタイムスリップしてしまう第7話という、原作にはないオリジナルエピソードを加えた全11話のボリュームで配信中だ。

2022年3月28日(月)に配信されると同時に、「永遠に観ていられるくらいに面白かった」「日本の風呂文化の良さを再認識!」と作品にハマる人が続出の中、本作の配信を記念した〈熱湯フリックス Presents 極楽プレミアイベント〉が開催。主人公ルシウスを演じる津田健次郎と、ルシウスの親友・マルクス役、小林親弘、そして原作者ヤマザキマリが登壇し、作品にちなんだアツアツなお風呂トークで盛り上がった。