『ハナビちゃんは遅れがち』パチスロ娘お仕事コメディが7月アニメ化決定!
拡大する(全1枚)
ユニバーサルエンターテインメント原案によるパチスロ擬人化漫画『ハナビちゃんは遅れがち』のアニメが、2022年7月よりスタートすることが決定。東山奈央大空直美南條愛乃、今井文也、増田俊樹ら豪華声優陣の参加と、プロジェクトのキービジュアルが解禁となった。

『ハナビちゃんは遅れがち』(白金らんぷ原作、まみむ作画)は、WEBマンガサイト『コミプレ』で連載中の、パチスロ機を擬人化したパチスロ娘(スロ娘:すろむす)たちによるザンネン系お仕事コメディ。遊技機業界を盛り上げてきた名機「ハナビ」「バーサス」「サンダーV」たちがパチンコホール「下町ゴッドヘブン」で働く姿が描かれている。

アニメーション制作をガイナ(『ピアノの森』『キャップ革命 ボトルマン』他)、監督を金澤洪充(『生徒会役員共』『K』『W'z《ウィズ》』他)、キャラクターデザインを袖山麻美(『大図書館の羊飼い』『ダンベル何キロ持てる?』『さらざんまい』他)、音楽制作をArte Refact(『あんさんぶるスターズ!』他)が務める。

この度、既に発表されている和氣あず未(有明ハナビ花)、上坂すみれ(高輪バーサス戦)、M・A・O(日本橋サンダー雷)の3名に加え、豪華追加キャストも発表!

パチスロ機「タコスロ」が変身した女の子・堀江タコスロ墨を東山奈央、パチスロ機「スーパーモグモグ 2」が変身した女の子・東桜モグモグ超を大空直美、パチスロ機「クランキーコンドル」が変身した女の子・磯上コンドル翼を南條愛乃が演じる。

また男性キャストとして、祖父の経営していた「下町ゴッドヘブン」を継ぐことになった新米店長・東雲ムサシを今井文也が、高輪バーサス戦と行動を共にする気の優しい熊・クマザワを増田俊樹が演じる。

7月放送、アニメ『ハナビちゃんは遅れがち』の続報に乞うご期待!

>>>キャラビジュアル、キャスト写真を見る(写真17点)

(C)白金らんぷ まみむ / HERO's (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT/下町ゴッドヘブン OB 会