『刀剣乱舞』と歌舞伎・文楽の『紅葉狩』が異色のコラボ!
拡大する(全1枚)
東京・国立劇場の7月歌舞伎鑑賞教室と、大阪・国立文楽劇場の7・8月夏休み文楽特別公演において『紅葉狩』が上演されることに合わせて、PCブラウザ&スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-(とうけんらんぶおんらいん)』とのコラボレーションを実施する。

『刀剣乱舞-ONLINE-』は、歴史に名だたる刀剣が戦士の姿となった ”刀剣男士” を集めて育成・強化し、隊を編成して敵を討伐するPCブラウザ・スマホアプリゲーム。2015年にリリースされて以降話題を集め、その後はスマホゲーム、アニメ、ミュージカル、舞台、映画など様々な展開にも人気が集まるコンテンツとなっている。

そして『紅葉狩』は、歌舞伎や文楽でおなじみの作品。戸隠山へ紅葉狩りに訪れた平維茂(たいらのこれもち)が、美しい更科姫(さらしなひめ)に出会い、勧められるまま酒を飲むと、やがて姫が鬼女の正体をあらわし、維茂は名剣小烏丸(こがらすまる)によって難を逃れる……というお話だ。

平維茂が所持し、鬼女との戦いで大活躍する刀が「小烏丸」であることから、『刀剣乱舞-ONLINE-』の「刀剣男士 小烏丸」とのコラボレーションが実現した。

「刀剣男士 小烏丸」と、歌舞伎俳優・文楽人形がコラボしたポスター広告を随時各劇場周辺エリアにて掲出するほか、7月歌舞伎鑑賞教室、夏休み文楽特別公演第3部に来場の方限定で、鑑賞の手引きや『紅葉狩』の見どころなど、公演を楽しむための解説や情報が満載のコラボリーフレットをプレゼント。初めて来場する方も安心して観劇を楽しむことができる。