ウルトラマンの答えに感じた人間の卑しさと愛おしさ 『シン・ウルトラマン』斎藤工インタビュー
拡大する(全1枚)
公開から約1カ月が経ってMX4D、4DX、DOLBY CINEMAでの上映がスタートし、いまだに勢いが衰えない映画『シン・ウルトラマン』。人間であり外星人でもある ”ウルトラマンになる男” 神永新二を見事に表現したのが、俳優業に限らず多方面で才能の発揮する斎藤工さんだ。公開初日を迎えた斎藤さんにインタビューを敢行し、神永や『シン・ウルトラマン』への想いを伺った。

>>>斎藤工さん撮り下ろし写真や『シン・ウルトラマン』場面カットを見る(写真27点)

◆幼少期に回帰させる映像体験◆

――2019年の発表から約3年が経ちましたが、完成した映像をご覧になった感想はいかがですか?

斎藤 台本を読んで撮影現場を経た僕たちは、どうしても答え合わせみたいな見方になってしまって、俯瞰では全く観られないんです。でも、今作はそれ以上に作品が持つうねりのようなものに飲み込まれて、内容を分析できないくらい映像体験の喜びが覆い包んでくれる感覚があって。今朝もプライベートで観てきたのですが、幼少期の映画体験をふたたび味わったような気持ちになりました。

――数多くのカメラを使用し、出演俳優がスマホのカメラを構えながら演技をしたことも話題になりました。

斎藤 以前の『シン・ゴジラ』でもスマホを撮影に使用されていましたが、スマホが持つカメラとしての可能性を強く感じました。スマホは従来のカメラよりも機動力が高く、これまでは置けなかったところにカメラが構えられることが素晴らしいところだと思っていて。次の僕の監督作は全編スマホで撮ろうと考えているので、今作の現場を経験した影響は受けていると思います。