2023年1月13日(金)より公開中の『銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア) 4Kリマスター』の公開を記念し、新宿ピカデリーにて「公開記念初日イベント」が行われた。

2022年に刊行40周年を迎えた『銀河英雄伝説』は、累計発行部数1500万部を超える田中芳樹による傑作小説。
銀河帝国軍のラインハルト・フォン・ローエングラムと、自由惑星同盟軍のヤン・ウェンリーという2人の英雄の対決を軸に、銀河の興亡を描く。

この小説を原作とする1988年から始まったアニメシリーズの長篇スペース・オペラ『銀河英雄伝説』は、全162話、長編3作品に及ぶ壮大な作品群で、OVAの先駆けとなった。
本シリーズの総監督を『宇宙戦艦ヤマト』『超時空要塞マクロス』などを監督した石黒昇が務めたことから、2018年に始動した「ノイエ(DNT)版」こと『銀河英雄伝説 Die Neue These』シリーズと区別し「石黒版」と呼ばれ、今も新たなファンを取り込み、支持され続けている。

2022年12月30日(金)より公開中の『銀河英雄伝説 わが征くは星の大海 4Kリマスター』に続いて、1月13日(金)より公開となった『銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア) 4Kリマスター』。

1月13日(金)に実施の「公開記念初日イベント」では、心待ちにしていたファンが劇場に駆け付け満員の客席から盛大な拍手が起こる中で、ユリアン役の佐々木望が登場。「トークと作品の上映、今日はどちらも楽しんでお帰りいただけたらと思います」と満員の客席を見て感慨深い様子で深々と挨拶した。


まずは本作が4Kリマスター版としてスクリーンに蘇ったことに関して聞かれた佐々木は「どんな風に生まれ変わっているのかなと楽しみですし、なにより一番嬉しいのは、30年という長い年月の間、一つの作品がこうやって皆さんに愛されていて、そしてそこに自分も関わらせていただけていることがすごく幸せだなと思います」と語る。

続いて収録当時を振り返りながら「当時は収録してからOVAとして皆さんに届くまで時差があったり、インターネットもない時代なので、あまり反響を実感できなかったんです。むしろここ15年くらいの方が『ずっと大好きです』という声を多く頂くようになりました」と、本シリーズが長く愛され続けていることを改めて実感している様子。
銀英伝の魅力を聞かれると「一言では言い表せないです。スケールの大きさやストーリーのおもしろさ、艦隊は格好良いしキャラクターたちは麗しいし…、なにより田中(芳樹)先生の原作自体も読み始めたら止まらないくらい面白いので。言い切れないくらいたくさんの魅力が銀英伝には詰まっていると思いますし、だからこそ皆さんが何十年も好きでいてくださるのかなと思います。
あと、演者としては、 ”人を描いている” という点が一番好きです。一人一人の感情の機微や成長が描かれているので、そこが一番魅力に感じます」と ”銀英伝” の魅力を語った。

また、銀英伝シリーズと、1988年に公開されたアニメ映画『AKIRA』の両作品で音響監督を務めていた明田川進が、当時佐々木が忙しくて事前に台本を取りに来れなくても収録当日にしっかりとセリフを読めていてすごい能力だと褒めていた、という話を司会から聞いた佐々木は、「大前提として、台本を取りに行けなかったのは決して毎回ではないです(笑)。何度かそういうことがあったのですが、その時は『台本を取りに行けなかったから出来なかった』と言われないように早めに(スタジオに)行ったり、覚悟を決めて収録に臨んでいました。それが明田川さんの中で印象に残っていたのかなと思います。」と恐縮しつつも当時からのプロ意識の高さが垣間見えた。

続いてヤン・ウェンリー役の富山敬との思い出を聞かれると「富山さんとの時間はすごく大事な思い出として記憶の中にずっと残しています。
銀英伝よりも前に別の作品でもご一緒させていただいたりもしていましたし、銀英伝の収録では富山さんと二人だけで録る機会が何度もあって、そのたびに幸せを感じていました。すごく寡黙で、仕事が大好きな富山さんの姿は今でも忘れられません。」と話し、大先輩への尊敬の想いと、今でも色あせない思い出を大切にしている姿が印象的だった。

また富山以外にも、本作で頻繁に収録を共にした、羽佐間道夫、キートン山田、井上和彦、古川登志夫、青野武らレジェンド俳優の話になると「同時、新人だったので、尊敬する素晴らしい先輩方の背中をみて、収録現場で同じ空気を吸えたことが、今の僕を作っていると思います」と語った。

最後に佐々木は「4Kリマスターでとても綺麗になっていると思うので、是非楽しんでください。銀河英雄伝説という作品と出会って30年以上になりますが、今でもこうして大勢の作品のファンの方に出会える機会をいただけていることは本当にありがたく、嬉しいです。これからもぜひ銀河英雄伝説をよろしくお願いします。
そして富山さん演じるヤンと佐々木が演じるユリアンも、ぜひこれからも応援してもらえたら嬉しいです。」と、銀英伝ファンへの感謝の気持ちを改めて述べて会場をあとにした。

イベントレポートは以上。

アニメーションシリーズの全ての始まりとなった『銀河英雄伝説 わが征くは星の大海』、シリーズ屈指の傑作として名高い『銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア)』の4Kリマスターは現在絶賛公開中。
この機会にぜひ劇場の大画面・大音量で楽しんでほしい。

(C)田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっふ・サントリー (C)加藤直之