2023年7月放送のTVアニメ『てんぷる』の第2弾キービジュアル&追加キャストが解禁。さらに、OPテーマが愛美『煩悩☆パラダイス』に決定した。


シリーズ累計発行部数120万部を突破し、『コミックDAYS』(講談社)にて好評連載中の "罰当たり系" 青春お寺ラブコメ『てんぷる』。本作は、女たらしの血をその身に継ぐ主人公・赤神明光が自らに打ち克ち、ストイックに生きるため出家するものの、美少女だらけの尼寺に入ってしまうという、 "男子禁制" 青春ラブコメディだ。

本日公開された第2弾キービジュアルは、煩悩に抗おうとする赤神をメインヒロインたちが取り囲む、なんとも羨ましい構図となっている。美少女たちにドキドキした方は、背景にそびえ立つご本尊を拝んで気持ちを落ち着けよう。
また、本日よりリニューアルオープンした『てんぷる』公式HPでは、キービジュアルを使用した特別な仕掛けも用意されているとのこと。そちらもぜひチェックして欲しい。


さらに、TVアニメの追加キャストも発表!
三日月寺のヘルプを務める雇われ住職・嬉々役をたかはし智秋が、三日月寺に住むねこ・にゃごすけ役を安済知佳がそれぞれ担当することが決定した。

役を演じるにあたり、たかはし智秋は「笑いあり、涙あり、お色気ありの…愉快痛快お寺エンターテインメント! テンポが良いギャグ展開の中に、意外と知らないお寺の知識や仕組みなど…とても勉強になる場面が盛り込まれています。お墓参りや葬儀の際には、この作品で学ばせていただいたことを忘れないようにしたいと思います。ぜひ、ご覧ください!」。

安済知佳は「にゃごすけとしてドタバタな三日月寺のみんなを見守りつつ、共に楽しませて貰いました。アフレコ現場も原作同様笑いの絶えない、むしろ笑いを堪えなきゃいけないような面白楽しい収録でした! 原作ファンの皆様も、音と動きがついたことで更に【てんぷる】の魅力を楽しめると思いますので、ぜひぜひご覧ください!」と意気込みをコメントしている。

二人が演じるキャラクターにもぜひ注目してほしい。

そして、本作のオープニングテーマが愛美『煩悩☆パラダイス』に決定! 愛美は「賑やかなサウンド、そして【てんぷる】ならではの歌詞を当てはめて、楽しく表現させていただきました! 結月やヒロインたちの気持ちを通して、恋する乙女心や葛藤を妄想してみました! 心を無にして、この楽曲を本能で楽しんでいただけたら嬉しいです!」と、本楽曲に込めた想いをコメント。いったいどんな楽曲になっているのか、音源の公開を楽しみに待とう!

ぐらんぶる』の吉岡公威が描く青春ラブコメがどのようにアニメ化されるのか、2023年7月の放送にますます期待が高まる。まだこの作品に触れていない方は、『コミックDAYS』にて連載中の原作をチェックしてみよう!

>>>第2弾KVやキャスト・アーティスト写真を見る(写真5点)

(C)吉岡公威・講談社/てんぷる製作委員会