集英社「少年ジャンプ+」にて好評配信中のコミック『株式会社マジルミエ』(原作:岩田雪花、作画:青木裕)が、2024年にTVアニメ化されることが決定。ティザービジュアル&PV、メインスタッフ&メインキャストも併せて発表された。


>>>キュート&アクションで魅せる!『株式会社マジルミエ』キャラ設定&ティザーPV場面カットを見る(写真15点)

『株式会社マジルミエ』は、”怪異”と呼ばれる自然災害が存在し、それらを退治する魔法少女が人々の憧れの職業として認知された世界を舞台に展開される「お仕事×魔法少女」アクションコミックだ。
就職活動に苦戦し、すっかり自信を無くしていた桜木カナは災害現場で ”怪異” と戦うヤンキー気質の魔法少女・越谷仁美を手助けしたことをきっかけに魔法少女としての才能を見出され、ベンチャー企業・株式会社マジルミエに新卒入社。そこで出会ったひと癖もふた癖もある先輩社員たちと共に社会人/魔法少女として奮闘する姿が描かれていく。

本作を手がけるメインスタッフも併せて発表。監督を平岡正浩、シリーズ構成と脚本を永井真吾、キャラクターデザインを浅間英裕、音楽を宮崎誠、音響監督を三間雅文、そしてアニメーション制作を「萌」「J.C.STAFF 」が担当する。
ティザービジュアルに加えて、『株式会社マジルミエ』の世界感を映し出したティザーPVも公開。
就職活動中のカナが ”怪異” に遭遇する姿や、越谷が魔法少女として職務に励む姿など、二人の今後の活躍を期待させる内容に注目だ。

また気になるキャストも一部発表、メインの二人である桜木カナ役をファイルーズあい、越谷仁美役を花守ゆみりが演じることに。
ファイルーズは「自分自身も就職活動をして毎日お祈りメールをもらっていた時期があったので、彼女には共感しかなかったです。非凡な才能を持っているのに自分ではまだ気づけていない子ですが、越谷と出会って対話を重ねていく中で、少しずつ自分を見つけていく姿にすごく勇気づけられました!」、そして花守は「越谷先輩はとにかくかっこいいです!直感と経験の積み重ねによって得たセンスがあるからこそ、後輩のカナが今一番必要な言葉をかけてあげられる。言葉だけでなく、背中でも教えてくれる。一生ついて行きたい姐さんです」と、それぞれ演じるキャラへのコメントを寄せている。


そして、12月17日(日)に開催される「ジャンプフェスタ2024」のジャンプスタジオでは、12時30分~13時に『株式会社マジルミエ』スペシャルステージが開催。当日はファイルーズあい、花守ゆみりの出演が決定、作品の魅力は勿論、TVアニメに関する新情報の解禁も予定されている。

アニメファンに新たな魔法をかける話題作、今後も目が離せない!

(C)岩田雪花・青木裕/集英社・株式会社マジルミエ製作委員会