2018年の放送開始から5周年を迎えるアニメシリーズ『銀河英雄伝説 Die Neue These』。本作の周年企画第二弾『銀河英雄伝説 Die Neue These 銀河の歴史展』(以下、『銀河の歴史展』)の巡回2会場目の会場が、キャナルシティ博多内「バンダイナムコ Cross Store 博多」に決定! 2024年1月19日(金)~2月4日(日)の期間限定で開催される。
トークショーからグッズまで大量の情報を一挙紹介する!

本展示は『銀河英雄伝説』の公式テーマカフェである「DINING CAFE ISERLOHN FORTRESS(ダイニングカフェ・イゼルローンフォートレス)」がプロデュースしており、体感型をコンセプトとして、アニメシリーズの歴史をフォトスポットや映像展示などで楽しむことができる。
2023年大阪会場(あべのハルカス近鉄本店)での開催を皮切りに全国巡回を予定しており、この度2会場目が発表された。

会場内は全6エリアから構成されており、ストーリーに応じた5つのエリアと物販エリアに分かれ、ファーストシーズンの『邂逅』からフォースシーズン『策謀』までの様々な名シーンをフォトスポットや映像展示などで表現し、その歴史を体感することができる。

入場特典は、イゼルローンフォートレスの歴代御来航特典コースター(全12種)。こちらはランダムで1枚のプレゼントとなる。

また、今回は『銀河の歴史展』開催にあわせ、『銀河英雄伝説 Die Neue These』アニメシリーズ制作を手掛けたスタッフ陣などによるスペシャルトークショー&サイン会も開催される。

サイン会では、後藤隆幸氏は特製サインシートへの直筆サインとなる。サインシートの種類数は後日発表。麻宮騎亜氏の回では、描き下ろし戦艦イラスト特製サインシートへ直筆サインを行う。
いずれも、参加条件等詳細は公式サイトにてご確認いただきたい。

さらに、博多会場の開催にあわせて、イラストレーター・Chaykov(チャイコフ)氏による描き下ろしイラスト『銀河博多:ルビー色の夕景』が発表され、Chaykov氏のコメントも公開された。

博多会場先行販売のオリジナルグッズは、Chaykov氏が今回の展示イベントのためにキャナルシティ博多からの景色を描き下ろしたイラストグッズや、各キャラクターの誕生日が足に刺繍された「バースデーベアチャーム」(全3種/シェーンコップ、ミッターマイヤー、ロイエンタール)が登場する。


1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1500万部のセールスを記録している『銀河英雄伝説』。『銀河の歴史展・博多』で、アニメシリーズ『銀河英雄伝説 Die Neue These』の世界を体感しよう!

>>>『銀河の歴史展・博多』関連画像・限定グッズをまとめて見る♪(写真8点)

(C)田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっふ・サントリー (C)加藤直之
(C)田中芳樹/銀河英雄伝説 Die Neue These 製作委員会