2023年7月6日(木)から放送中のTVアニメ『るろうに剣心 −明治剣客浪漫譚−』の第24話あらすじ、先行カットが公開された。

『るろうに剣心 −明治剣客浪漫譚−』は1990年代に『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で掲載され、電子版含むシリーズ累計発行部数7200万部を超えた大ヒット漫画。
TVアニメ、OVAも作られ、佐藤健を主演とした2010年代の実写版映画も大人気となった。
2017年9月からは続編である『るろうに剣心−明治剣客浪漫譚・北海道編−』が『ジャンプSQ.』にて好評連載中だ。

そんな全世界・全世代からの支持を受ける伝説の名作『るろうに剣心 −明治剣客浪漫譚−』が、2023年に新作TVアニメシリーズとして蘇る!

満を持しての今作は、最新のアニメーション技術で原作を第1話から再構築し、現在のアニメファンにもアピールしうる、アニメ『るろうに剣心』を目指すという。
制作にあたっては監督・山本秀世(『ストライク・ザ・ブラッド』)、シリーズ構成・倉田英之(『メイドインアビス』)ら実力派スタッフが集結。緋村剣心役:斉藤壮馬、神谷薫役:高橋李依、明神弥彦役:小市眞琴、相良左之助役:八代拓などキャスト陣も一新して臨む。
さらに原作者・和月伸宏が自ら、キャラクターデザインやシナリオなど全編にわたって完全監修する。


連載開始から約30年を経ての新作TVアニメ『るろうに剣心』。色褪せることのない、王道にして普遍的な物語、登場人物たちの苛烈な信念を、今再び鮮烈に映し出す――。

最終話となる第24話は12月14日(木)24:55よりフジテレビ ”ノイタミナ” ほかにて放送開始。
あらすじ&先行カットはこちら!

<第24話「明治⼗⼀年五⽉⼗四⽇」>
剣⼼に⼀を仕向けたのは、元薩摩藩の志⼠にして内務省の⻑・⼤久保利通であった。
⼈斬り抜⼑斎の実質の後継者であったある男が京都で暗躍しており、⽌めてほしいというのだ。その男は⼗年前、彼を危険視した政府から――つまり、同志の⼿により抹殺されたはずだった。

その暗殺を依頼された剣⼼の答えとは……︖
『るろうに剣心』ついに最終話/第24話 大久保利通から剣心への依頼
『るろうに剣心』ついに最終話/第24話 大久保利通から剣心への依頼

>>>第24話先行カットを全て見る(写真5点)

(C)和月伸宏/集英社・「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」製作委員会