2023年12月17日(日)開催の「ジャンプフェスタ2024」で漫画『ONE PIECE』の新しいアニメシリーズ『THE ONE PIECE』の制作が発表された。アニメーションを制作するのは『SPY×FAMILY』『進撃の巨人』などの大ヒットアニメを数多く手掛けてきたウィットスタジオ(WIT STUDIO)だ。


『ONE PIECE』は尾田栄一郎による漫画。
「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐる海洋冒険ロマン。少年モンキー・D・ルフィが、固い絆で結ばれた「麦わらの一味」の仲間たちと、それぞれの「能力」や技を磨きつつ、海賊王を目指して世界中の海で冒険していく物語。
『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)1997年7月22日発売の34号より連載を開始し、2022年7月に連載25周年を迎えた。コミックスの全世界での累計発行部数は2022年8月時点で5億1000万部を突破(日本国内の累計発行部数は4億1000万部以上。海外では60の国と地域で流通し、累計発行部数は1億部以上)。

Netflix世界独占配信の実写版『ONE PIECE』も大好評配信中。
東映アニメーションが制作するテレビアニメは1999年より放送中。
バンダイが販売する「ONE PIECE カードゲーム」は 2023年夏に1周年を迎え、ポップアップイベントや各種大会が盛況に推移するなど大変な人気を博している。
バンダイナムコエンターテインメントが配信する『ONE PIECE バウンティラッシュ』は 2023年8月に全世界1億DL突破を発表、初の公式リアル大会が行われるなどこちらもその人気は止まることを知らない。

新しいワンピース『THE ONE PIECE』は、原作である漫画『ONE PIECE』の「東の海(イーストブルー)編」から再びアニメとして新たに作り出される。制作されたアニメはストリーミング配信サービス「Netflix」等にて公開を予定。
時期は未定となっており、今後発表を予定しているとのことだ。

連載が終了していない漫画作品のアニメ連続シリーズが、2本同時に展開されるというのは極めて珍しい。本放送中に同じ作品の再放送・再編集版も放送、というパターンはあったが、同一原作で制作会社が違う新作2シリーズの同時並行展開、というのは本邦初ではないだろうか。
ただ現時点では『THE ONE PIECE』の放送・配信時期は未定のため、東映版放送中に視聴可能となるかは不確定である。

「THE ONE PIECE」製作委員会は、下記のコメントを寄せている。

本企画は、『ONE PIECE』のアニメーションを、東の海編から、現代の映像として描き直していくプロジェクトです。

25年を経て尚最大出力で前進するTVアニメシリーズとは別のラインで、今だからこそ可能な表現を突き詰め、ルフィの冒険を懐かしくも新しい感覚でお目にかけたいと考えています。
公開はまだまだ先ですし、完遂まではさらに時間がかかる長い長いプロジェクトではありますが、新しい仲間であるWIT STUDIO、Netflixと力を合わせ、世界中のファンはもちろん、先の未来に『ONE PIECE』に触れる世代にもお届けできるよう、「ALL ONE PIECE」チームで力を尽くして参ります。

また、WIT STUDIO代表取締役社長の和田丈嗣は以下のように述べている。

ついに発表になりました!『THE ONE PIECE』。
今回この新たなる冒険をお引き受けするにあたり、悩みに悩みぬいた末に、皆と話し合って立ち上がることを決意しました。
東映アニメーションの皆様が作られてきた1000話を超えるアニメ『ONE PIECE』。
その歴史の重みを胸に受け止め、新たなる軌跡を描くことに身の引き締まる思いです。
尾田栄一郎先生が描かれている、夢へのチャレンジ、仲間との友情、前を向く希望を丁寧に描いて世界中の人たちを熱狂させることを目指します。
この作品を広い世界の隅々まで届けるためには、まだまだクリエイターの皆様の力が必要です。本プロジェクトに参加して、そのフィルムに名前を刻みませんか? WIT STUDIOは、皆さまの参加を心からお待ちしています!!

今後も勢いを増していく『ONE PIECE』の展開、そして『THE ONE PIECE』の情報にもご注目いただきたい。

(C)尾田栄一郎/集英社・「THE ONE PIECE」製作委員会