実写版『ゴールデンカムイ』の新キャスト情報が到着! いま最も話題の子役・永尾柚乃がアシㇼパの従妹・オソマを演じることが発表された。

2014年より集英社『週刊ヤングジャンプ』にて連載を開始し、多くのファンに惜しまれつつも2022年4月に約8年に及ぶ連載を終了した野田サトルによるコミック『ゴールデンカムイ』。

明治末期、日露戦争終結直後の北海道を舞台に、莫大なアイヌの埋蔵金を巡る一攫千金ミステリーと、厳しい大自然の中で、ひと癖もふた癖もある魅力的なキャラクターたちによって繰り広げられる、サバイバル・バトルアクションがファンを魅了する本作は、「マンガ大賞2016 大賞」(2016)、「手塚治虫文化賞 マンガ大賞」(2018)、「第51回日本漫画家協会賞 大賞」(2022)など、多くの賞を受賞。
主人公の元陸軍兵・杉元佐一が、アイヌの少女・アシㇼパと共に、埋蔵金の在りかの手掛かりが描かれた「刺青人皮」を求めて旅をする物語は、同じく埋蔵金を狙う大日本帝国陸軍第七師団の中尉・鶴見篤四郎や、戊辰戦争で死んだはずの新撰組「鬼の副長」こと土方歳三なども登場し、歴史ロマン、狩猟、グルメ、アイヌ民族文化など様々な要素が丁寧に織り込まれた比類ない作品として熱烈な支持を獲得。
原作漫画は全31巻でシリーズ累計2700万部超(※2024年1月時点)のベストセラーとなっており、2018年4月からはTVアニメの放送も開始、現在は、TVアニメ第4期まで完結している。
連載完結記念として2022年4月からスタートしたゴールデンカムイ展も東京を皮切りに現在も全国を巡回しており、連載が終了した今も、幅広く人気を獲得し続けている唯一無二のエンターテイメント超大作だ。

その独特の世界観から「実写化は不可能」と言われていた本作の一大実写化プロジェクトが、ついに始動。主人公の杉元佐一を、『キングダム』『今際の国のアリス』シリーズなど数々の作品で国内外から高く評価される山崎賢人が務めるほか、山田杏奈、眞栄田郷敦、矢本悠馬、玉木宏、舘ひろしら、今注目の若手から実力派俳優まで個性豊かなキャストが集結。

制作プロダクションは『キングダム』シリーズを手掛けるCREDEUS。監督は多数の有名アーティストのMVを手掛け『HiGH&LOW』シリーズでは大迫力の肉弾戦バトルアクションの演出を見せた久保茂昭、脚本と音楽は同じく『キングダム』シリーズの黒岩勉とやまだ豊。北海道、山形、長野など大自然が残る日本各地で大規模ロケ撮影を敢行。日本映画界の粋を尽くし、血湧き肉躍る、エンターテイメント超大作が、ここに誕生する。

年が明け、公開まであと2週間と迫る中、待望の新キャストを発表!
アシㇼパの従妹であり、その健気な姿から原作ファンの人気を密かに集めるアイヌの少女・オソマを、いま最も話題の子役・永尾柚乃が演じることが発表された。

オソマという名前は、アイヌ語で「うんこ」や「うんこをする」という意味。
アイヌでは赤ん坊に病魔が近寄らないようにあえて汚い幼名を付け魔除けをする風習があり、オソマは身体が弱かったため本名もオソマと名付けられ、そのおかげで今ではとても元気にコタン(村)で暮らしている少女。口琴(こうきん)と呼ばれるアイヌの伝統楽器「ムックリ」(紐を引っ張って弁を振動させ口で響かせる竹製の楽器)を弾くのが大好きで、アシㇼパのチセ(家)に訪れた杉元を歓迎する。

永尾柚乃は多くのドラマや映画、バラエティにCMにとひっぱりだこな、大人気の7歳。
一躍注目を集めることになったきっかけは、日本テレビ2023年1月期の人気ドラマ『ブラッシュアップライフ』の出演。安藤サクラ演じる主人公・近藤麻美の幼少期を演じ、「見た目は保育園児、中身は33歳」という難役を見事に表現。
「上手すぎる!」、「表情が完璧すぎる!」と大きな話題となり、”チビ麻美” として人気が急上昇した。

そんな大注目の子役・永尾柚乃がオソマ役として、金塊を巡る大いなる物語に登場! キャラクタービジュアルも公開され、原作のオソマからの再限度の高さは一目瞭然!

永尾柚乃は本作について「現場では、山﨑さんとあやとりをしたり、山田さんと好きな食べ物のお話をしたりして楽しかったです! 北海道での撮影やアイヌ民族の衣装、ムックリなど新鮮でした! ぜひ、いろんな方に観てもらえると嬉しいです!」と素直な気持ちをコメントしている。

今年1月19日(金)ついに開幕する実写映画『ゴールデンカムイ』、埋蔵金争奪サバイバルバトルをぜひ大スクリーンでどうぞ!

>>>オソマのビジュアルや永尾柚乃を見る(写真3点)

※アシㇼパの「ㇼ」は小文字が正式表記。
※山崎賢人の「崎」は「たちざき」が正式表記。
※柳俊太郎の「柳」は木へんに夘が正式表記。
(C)野田サトル/集英社 
(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会