作家・西尾維新の特異な小説世界を、スタジオ・シャフトが他に類のない独特な映像で描き出すアニメ〈物語〉シリーズ。その最新作として、1月12日(金)より映画『傷物語-こよみヴァンプ-』が公開中。

〈物語〉シリーズの主人公である阿良々木暦が、後にさまざまな怪異と関わることになるきっかけとなる吸血鬼・キスショットとの出会いを描いた本作は、『化物語』の前日譚にして物語の原点。
2016年に「I 鉄血篇」「II 熱血篇」「III 冷血篇」の三部作として劇場公開された作品を新たに1本の映画として再構成した今回の『-こよみヴァンプ-』だが、単なる総集編にとどまらず、独特の空気感や時間感覚が魅力的な、見応えある映画に仕上がっている。

監督・脚本の尾石達也とプロデューサーの石川達也(アニプレックス)に本作について語ってもらうインタビューを前・後編にわたってお届けしよう。後編では本作でも全面的に展開された〈物語〉シリーズならではの映像について、そして本作のストーリーの魅力やオススメのシーンについて語ってもらった。

>>>新たな形で描かれる『傷物語 -こよみヴァンプ-』場面カットを見る(写真9点)

◆尖った映像に込めた想い◆

――〈物語〉シリーズは、一貫して他のアニメとは少し異なる味わいの映像を展開しています。今作でも〈物語〉シリーズならでは、あるいは尾石監督ならではの映像世界が楽しめますが、改めて尾石監督が〈物語〉シリーズで目指している映像について、聞かせていただけますか。


尾石 僕は、自分たちを「サービス業」だと考えているところがあるので、アニメーションの演出を始めてからずっと観ている人を喜ばせたい、驚かせたいと考えていて、そのためにも常に自分が今作れるいちばんイケている映像を作りたいと思っています。
その意味では『化物語』の時に「とにかく自分色に染めるんだ」という気持ちで頑張ったスタイルをやりきった上で、『傷物語』という新しいタイトルに臨む時にはさらに違うものを作って観客を驚かせたいと考えました。また、自分の中でも常に「やりたい」と思うことがだんだん変わっていくので、そういった部分でも少しずつアップデートできたらいいな、と。そういった意識で作っています。

――「面白い原作をそのままわかりやすく伝えるための映像」という方向で優れたアニメ作品も多いですが、『傷物語』は「優れた原作・物語や魅力的なキャラクターを活かして、尖った映像を見せる」という方向で、アニメーションの楽しさを伝えてくれているようにも感じます。

尾石 『化物語』にしても『傷物語』にしても、もちろん西尾維新さんの原作は非常に面白いというのが大前提なのですが、やはり小説と映画/アニメーションって方法論が違うじゃないですか。
その部分で自分は、読者が『化物語』や『傷物語』を読んだ時の「読後感」と同じものが観客に感じてもられば、映像として飛躍してもいいのではないかと思っています。むしろ、そうすることによって原作の読者だった人も、新鮮な気持ちで観ることができる。そういう意識でずっと作っていますね。

石川 今のお話を自分なりに解釈すると、「面白い原作をそのままわかりやすく伝えるための映像」という方向で人気の作品が「足し算」だとすれば、西尾さんの原作と尾石さんの映像は「かけ算」の関係になっているのかなと思います。尾石さんの作品はいつも脚本から、あるいは絵コンテからでは想像できない映像に、最終的にはなっている。そこが本当に、尾石さんのフィルムの面白さだし、いわゆる通常のTVシリーズや他のフィルムとは違う〈個性〉の部分だと思います。
でも、どうですかね……逆に、尾石さんがめちゃめちゃシンプルに作るTVシリーズとかも観てみたいですけど(笑)。

尾石 (笑)。

石川 「これは2年続くTVシリーズのプロジェクトです」って言われて、全100話をディレクションするってなったら、尾石さんがどういうディレクションをするのか気になりますよ。

尾石 基本、破壊衝動みたいなものがあるので……難しいですね(笑)。どうなるのかなぁ。

――映画などで1本、1本勝負していく方がご自身のスタイルには合っている?

尾石 どうなんだろう……映画はやはり特別な体験というのがありますから、そういった意味では、やはりやり甲斐があります。
ただ本当に、自分の作った映像を人に観てもらうのが好きなんです。ですから今までのTVシリーズの仕事も、やっている期間はいろいろ辛いこともありましたが(笑)、終わってみると楽しかったなっていう気持ちになりましたし、同じ様にやり甲斐はあります。

――いずれにしても「映像を観てほしい」という気持ちが強いんですね。

尾石 そうですね、そして観てくれた人に「良かった」と言ってほしい! みたいな気持ちでいます。

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

◆物語の魅力とオススメのシーン◆

――改めて『傷物語』というストーリーの魅力を、尾石監督はどこに感じますか。

尾石 『傷物語』は最初に読んだ時から、テーマがとても重い話だなと思いました。
扱うのも難しいし、自分自身、主人公の暦の気持ちを理解するのにも非常に時間がかかりました。だからこそ、暦の選んだ行動とその結末を、ラストシーンの暦と同じような気持ちで観客に受け取ってほしい。最後にスクリーンが明るくなった時に、観客のみなさんに暦と同じ心情を持ったまま劇場を出てほしい。そういう映画になるといいなと思って取り組んでいました。

――石川さんはいかがですか?

石川 お話の魅力か……月並みな話になってしまいますが、『傷物語』はあえて言うならキスショットというキャラクターのお話として、キスショットの魅力と相まって非常に面白い。さらには個別の作品を飛び越えて、今も続いている〈物語〉シリーズの根底となる内容を提示されています。
西尾さんが『化物語』や『傷物語』を書いた時点で、どこまで現在のシリーズの展開を想定しながら書かれたのか、実は我々も知らないのですが……シリーズを通しての語られる物語のスタートラインであるという点も、『傷物語』の魅力のひとつかなと思います。

――お二人それぞれ本作のオススメのシーンを挙げていただけますか。

石川 僕は、本作はもちろんシリーズを通しても屈指の名シーンだなと思っているのは、暦とキスショットとの地下鉄の駅でのホームでの出会いのシーンです。キスショットが初めて暦の血を吸うシーンはもの凄いラブシーンだと、初めて観た時から感じていましたし、でもそれは単なるラブロマンスではない。〈ヴァンパイア・ストーリー〉でしか描けない独特のラブシーンでもある。そして、原作で書かれたその魅力を最大限に映像化するとこうなるんだな、と。本当に大好きなシーンです。あとはそうだなぁ……芳賀書店のシーンかな(笑)。

尾石 (笑)。

――羽川と出会って何となくムラムラした暦がエロ本を買いに行くという場面。わざわざ芳賀書店まで買いにいくんだな、と思いました(笑)。【*芳賀書店は神保町に実在する老舗書店。成人向け書籍を主に取り扱うほか、寺山修司『書を捨てよ町へ出よう』の最初の版元としても知られる】

石川 そうです。エロ本を買いに行くくだりは、何度観てもおもしろいなと思います(笑)。

――では最後に尾石監督、オススメのシーンをお願いします。

尾石 やはり、ラストシーンの暦の表情ですね。物語の中で描かれたいろいろな行動や選択が、最終的に暦の表情に帰結していく。『傷物語』って暦の挫折というか、失敗というか……彼の青春を描いていると僕は思うんです。ですから、いろいろな選択をした結果、暦が最後にどんな表情をするのか、ぜひ見届けていただきたいと思います。

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト