2024年1月6日(土)から放送中ののTVアニメ『キングダム』第5シリーズ第2話のあらすじと場面カットが公開された。

『キングダム』は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で大人気連載中の原泰久による同名漫画が原作のTVアニメ。

原作は2013年第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞。そして2019年には初の実写映画化を果たし、興行収入57億円の大ヒットを記録、さらに2023年11月には原作コミックス累計1億部突破。
物語は、春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV.森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(えいせい/CV.福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンで、TVアニメは2021年4月~に放送された第3シリーズで史上最大の戦いと謳われる「合従軍編」を放送。 続く2022年4月~に放送された第4シリーズでは「成キョウの変」から「加冠の儀」までを描き「国内統一編」の完結を迎えた。
原作:原泰久監修の元、第5シリーズは2024年1月6日(土)24時よりNHK総合で放送中だ。

今回、TVアニメ『キングダム』第5シリーズ第2話のあらすじと場面カットが公開された。

第2話は2024年1月20日(土)24時~NHK総合にて放送予定。

<第2話 「戦場の匂い」>
趙軍副将・紀彗のふたりの側近・馬呈、劉冬の巧みな戦術に翻弄される飛信隊の苦戦により、開戦早々に不利な戦局に追い 込まれた秦軍。
危機感を覚えた総大将・桓騎は、自ら状況打破のために動くが、この動きに反応した趙軍総大将・慶舎も自ら精鋭部隊とともに打って出る。
その頃、飛信隊の斥候として先へと進んでいた副長・羌カイの小隊は、樹海地帯の中で予想外の光景を目にする。
『キングダム』5期第2話、馬呈・劉冬の巧みな戦術に苦戦する飛信隊!
『キングダム』5期第2話、馬呈・劉冬の巧みな戦術に苦戦する飛信隊!
<スタッフ>
脚本:高木登  絵コンテ:今泉賢一  演出:今泉賢一
作画監督:中村深雪、後藤友里絵、北川知子、島崎望、石川健介、北村友幸、津幡佳明、青木真理子、十三、斉藤和也、石田千夏、斉藤魁
総作画監督:阿部恒、りんしん

>>>TVアニメ『キングダム』第5シリーズ第2話場面カットを見る(画像8点)

※「成キョウの変」の「キョウ」、「エイ政」の「エイ」、「羌カイ」の「カイ」は機種依存文字。正しい表記は公式サイトなどでご確認を。

(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会