2024年1月6日(土)から放送中のTVアニメ『キングダム』第5シリーズ第3話のあらすじと場面カットが公開された。

『キングダム』は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で大人気連載中の原泰久による同名漫画が原作のTVアニメ。

原作は2013年第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞。そして2019年には初の実写映画化を果たし、興行収入57億円の大ヒットを記録、さらに2023年11月には原作コミックス累計1億部突破。
物語は、春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV.森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(えいせい/CV.福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンで、TVアニメは2021年4月~に放送された第3シリーズで史上最大の戦いと謳われる「合従軍編」を放送。 続く2022年4月~に放送された第4シリーズでは「成キョウの変」から「加冠の儀」までを描き「国内統一編」の完結を迎えた。
原作:原泰久監修の元、第5シリーズは2024年1月6日(土)24時よりNHK総合で放送中だ。

今回、TVアニメ『キングダム』第5シリーズ第3話のあらすじと場面カットが公開された。

第3話は2024年1月27日(土)24時~NHK総合にて放送予定。

<第3話 「黒羊の夜」>
趙将・慶舎と紀彗が率いる軍に阻まれ、秦軍は前線を押し上げることができないまま夜をむかえる。
前線を大きく後退した場所に置かざるを得なくなった秦軍。そのことで斥候に出た羌カイの小隊は趙軍側に取り残されることとなってしまう。しかし、羌カイは逆にこの状況を利用し、密かに敵将を狙うのだが……。
一方、敵の策略に嵌り追い込まれることになった責任を問われた信は、軍師・河了貂と共に明日以降の反撃を誓う。

『キングダム』5期第3話、敵軍近くに取り残された羌カイが逆転を狙う
『キングダム』5期第3話、敵軍近くに取り残された羌カイが逆転を狙う
<スタッフ>
脚本:吉永亜矢  絵コンテ:今泉賢一  演出:佐藤清光
作画監督:石田千夏、後藤友里絵、舘崎大、石川健介、斎藤和也
総作画監督:りんしん

>>>TVアニメ『キングダム』第5シリーズ第3話場面カットその他を見る(画像8点)

※「エイ政」の「エイ」、「羌カイ」の「カイ」、「成キョウの変」の「キョウ」は機種依存文字。正しい表記は公式サイトなどでご確認を。
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会