来年の2025年6月3日に創業50周年記念日を迎える日本アニメーションが、関連企画やリニューアル事業を2年間にわたって順次始動させると発表。その第一弾として創業50周年記念ロゴと、推進機関での会社姿勢ついてのステートメントが公開された。


日本アニメーションは1975年に東京都多摩市に設立されたアニメーション制作会社。『フランダースの犬』『母をたずねて三千里』『あらいぐまラスカル』などで知られる『世界名作劇場』シリーズや『未来少年コナン』などは、放送から数十年経った今でもファンを魅了。ほかにも30年以上の長きにわたってお茶の間を楽しませている『ちびまる子ちゃん』をはじめ、『南国少年パプワくん』『魔法陣グルグル』など、多くの人々に愛される作品を今もなお作り続けている。

<日本アニメーションの創業50周年ステートメント>

ずっとココロのどこかに。これまでも、これからも。

アニメを愛する人々に支えられて半世紀。

日本アニメーション株式会社は、「人間性の涵養に寄与するアニメーションづくり」を企業理念に、アニメ制作スタジオからグローバル・ライセンシング・カンパニーとして世界中の人々にお届けし、迎えられ、支えられてまいりました。

誰もがココロ揺さぶられる名作。
懸命に生きる主人公たちの姿は、観る人のココロに新しい感情を生み出します。
想いが栄養となり、じっくりと沁み渡ったその場所は、いつでも帰ることができるふるさとのよう。

ずっとココロのどこかに。これまでも、これからも。


2025年6月3日、日本アニメーション創業50周年。
この先も私たちだけが描くことのできる世界をお届けしてまいります。

●創業50周年ステートメントについて
日本アニメーションは、 「心の涵養に寄与するアニメーションづくり」を企業理念とし、一貫して子どものためのアニメを制作してきました。1975年に「フランダースの犬」が放送され、これまでに制作した作品は約140タイトルにも上ります。多くの作品が世界中で視聴され、子どもたちの心を育んできました。「ずっとココロのどこかに。
これまでも、これからも。」は、この先も子どもたちのためにアニメをつくり続けていく決意を表しています。

●創業50周年記念ロゴマークについて
現在ではデジタルでのアニメーション制作が普及しておりますが、当社の創業当時はフィルムを使用していた時代。創業50周年記念ロゴマークは、原点に立ち返って、フィルムをモチーフに制作しました。ゆるやかにつながる様子が、これまでの歴史と、これからの未来を表現しております。

日本アニメーションは、ステートメントと記念ロゴマークを公開した第一弾に続いて、今後はキービジュアル、50周年記念サイトなどを順次公開予定とのこと。50年の節目を迎えるにあたって、日本アニメーションがどのような企画や事業を新たに展開していくのか、ぜひ楽しみにしていてもらいたい!

【関連動画】『フランダースの犬』など世界名作劇場シリーズの第1話を見る!(12本)